運動初心者

筋トレの努力を無駄にしてしまう3つの行動

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している BODY PARTNARS の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

 

今回の記事では、筋トレの努力を無駄にしてしまう3つの行動について解説したいと思います。この3つは意外と当てはまっている人も多いんじゃないかと思います。

 

がんばってトレーニングに励んでいても、今回お伝えするような内容に当てはまっていると必死の努力も無駄になってしまう可能性があります。

せっかくトレーニングをやるなら、効果を最大限に引き出したいと思いますよね。他の行動・習慣によって効果が半減・もしくは効果がでないことになってしまっては、トレーニングに取り組んでいる意味がなくなります…時間も、お金も勿体ないです。。。

 

筋トレ頑張っているけど、なかなか「効果を実感することができないな…」とか「効果を最大限に引き出したい!!」と思う人はぜひ一つの参考にしてもらえたらと思います。

筋トレの努力を無駄にしてしまう3つの行動

筋力トレーニングの努力を無駄にしてしまう行動としては

  1. 食生活が乱れている
  2. 睡眠時間が不足している
  3. トレーニングの計画性がない

これら3つのことが考えられます。どれも当たり前なことではありますが、できていない人が結構多いような気がします。ほんとに勿体ない話です。

 

今回お伝えする内容は、筋トレを実践する人の「目的」によって捉え方も変わってくると思います。

中には…食生活や睡眠時間は「自由」にしたい!という人もいます。筋トレは、それで楽しんでいるから!という人もおられます。

今回お伝えする内容を読んで改善・修正するかは、個人の自由です。

 

それでも「筋肉をつける」「トレーニングの質を高める」「最短で目標達成したい」「ダイエットを効率よく進めたい」…と思う人は、ぜひこの先も読み進めて下さい。

 

一つひとつ深掘って解説していきますね。

①食生活が乱れている

まず、一つ目が食事内容や摂取量などの食生活・習慣が乱れている人です。

完全に筋トレの効果半減です。場合によっては効果を実感することできません。

一般的な筋トレの頻度は、平均で週2〜3回くらいです。それに対して、食事は毎日3食、1週間で21食あります。間食と補食も合わせると、それ以上にありますよね。

カラダの筋肉や骨を作っていくためには、必要な量の栄養を摂取する必要があります。トレーニングでいくら努力していても、筋肉をつけるための栄養素「たんぱく質」を全く摂っていないと筋肉は絶対つきません。

それにトレーニングでカラダを動かすときもエネルギーが必要です。エネルギーが不足している状態で続けていても良い成果は得られにくいです。エネルギー不足によって集中力も低下してしまいます。

 

暴飲暴食はもってのほかです。トレーニングしたから今日だけ…と油断していると、もちろん思うような結果は得られにくいと思います。暴飲暴食が続いて…習慣化されている人は、胃や腸内環境が乱れる可能性も出てきます。もう最悪な状態ですね。。

 

筋トレの効果を最大限に引き出すためには、食事の摂取内容を考えることはもちろんですが、摂取するタイミングなども意識することが大切です。

栄養について少し詳しく知りたい人はこちらの記事を参考に

»» トレーニングの基礎知識|トレーニング前後の栄養補給の大切さ|ベストなタイミングと摂取内容・量

 

②睡眠時間が不足している

続いて、2つ目は睡眠時間が不足している人です。

睡眠時間が不足している状態もトレーニングの効果半減です…(泣)

カラダ作りの基本は、運動と栄養と睡眠の3つの軸から成り立ちます。睡眠時間が不足すると、コンディション状態の悪化、体調不良、集中力の低下などにつながります。

確実にトレーニングにも影響を及ぼします。

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
ぼくも睡眠時間を削ってトレーニングをしていた時期がありましたが、今思うとなぜそこまでしていたのかわからないくらいです…(笑)

今では少なくても最低6時間寝るようにしています。トレーニング中の動作の質や集中力といい明らかに違いを感じます。カラダの変化も睡眠の質と時間を意識しているときの方が良いことを実感しています。(@taishi_fujimoto

 

「効率よく筋肉をつけたい人」「トレーニング中の集中力を高めたい人」「トレーニングで確実に結果を出したい人」は、最低でも6時間は睡眠をとる(できれば7時間以上)ようにしましょう。

睡眠の質を高めたい人はこちらの記事を参考に

»»【 睡眠の質向上! 】ぐっすり眠るためのコンディショニング方法

»»「スタンフォード式 最高の睡眠」寝始めの最初の90分が大切!!就寝90分前にお風呂に入ること

 

③トレーニングの計画性がない

ラスト3つ目は、トレーニングの実施内容や内容に計画性がない人です。

計画性がなく実践している人の多くは、おそらく「明確な目標」を掲げていない人がほとんどだと思います。目標を立てて、目指す方向を明らかにしないと計画も立てようがありません。。

また、目標を立てていても、達成するためには何をすれば良いかを知らない人も多いと思います。最短での道のりで目標達成する計画を立てるためには、現状のカラダの状態(姿勢や動作のクセなど)を知ることも必要不可欠です。

 

やはり無計画なトレーニングをしているだけでは、良い結果を得ることはできません。必死にがんばっているトレーニングの努力を無駄にしてしまいます。。。

せっかく同じ時間をかけて実践するなら、明確な目標立てて取り組み、目標やカラダの状態に合った手段を選んで進めて、より生産的な時間を過ごすようにしましょう。

トレーニングで確実に結果を出したい人はこちらの記事も参考に

»» トレーニングの原理・原則|トレーニングの生産性を向上させる知識

 

この記事のまとめ&最後に

みなさんいかがだったでしょうか?今回の記事では、筋トレの努力を無駄にしてしまう3つの行動について解説していきました。

筋トレの効果を確実に、より効果的に得るためには「トレーニング」だけじゃなく「栄養」や「睡眠」も意識すべきことがわかったと思います。

 

これら3つの軸は人のカラダ作りのためには、どれも大切な要素で一つでも欠けてはいけません。

筋トレは継続することが一番大切とも言われますが、手段や方法が合っていなかったり…やるべきことが欠けていては、期待している効果も実感することができません。

ゴールに対して今がんばっている努力が無駄にならないように、目標を達成するためのひとつひとつの行動・アクションを起こすようにしましょう。

 

この記事の内容が「結果が思うようについてこない」「より筋トレの成果を高めたい」という人に届けば幸いです。

 

 

トレーニング指導のご依頼|お問い合わせ

指導・講演会のご依頼、相談

講習会・セミナー実績講習会・セミナー実績 指導・講演会のご依頼、相...

 

姿勢の悩み|関連記事

【姿勢の悩み】オープンシザースシンドロームの原因・改善方法 姿勢の歪みの一つ「オープンシザースシンドローム」って知っていますか?初めて聞くという人も多いと思います。 オープン...
【姿勢の悩み】アッパークロスシンドローム(上位交差症候群)の原因と改善方法 日本人に多い姿勢の一つでもあるアッパークロスシンドローム(上位交差症候群)。この姿勢になってしまうと「肩こり」や「首の痛...

 

目的別ウォーミングアップ

スクワット前にやるべきウォーミングアップ全8種目 スクワット|腰・ひざを痛めてしまう主な原因 スクワットは、下半身を強化するウエイトトレーニングの中でも代表的な種目...
【5分】ベンチプレス前に実践するべきウォーミングアップ5種目【肩の痛み予防】 ベンチプレス|肩や首を痛める主な原因 ベンチプレスは、上半身を強化するウエイトトレーニングの中でも代表的な種目のひ...
スポーツ選手向け|ウォーミングアップ10種目 今回のYouTube動画では、スポーツ選手に向けて練習や試合前、トレーニング前に是非やってもらいたいウォーミングアップル...
筋トレの種目に合わせたウォーミングアップ11種目を専門家がご紹介! みなさんは、筋トレ前にウォーミングアップは実践されていますか?また、その実践されている方は、カラダの状態や目的に合わせて...

 

柔軟性・機能チェック|関連記事

柔軟性・機能チェック|前屈動作3つのチェックポイント 今回の記事では、骨盤の前傾や股関節、脊柱の曲げる動き、背面筋群・下肢後面筋群の硬さなどをチェックする際に行われる「前屈」...
柔軟性・機能チェック|肩の柔軟性をチェックする方法 今回の記事では、肩甲帯という肩甲胸郭関節や肩甲上腕関節、胸郭の柔軟性をチェックする方法をお伝えしたいと思います。 ...
柔軟性・機能評価|足関節の柔軟性を簡単にチェックする2つの方法 今回の記事では足首の曲げる動き(以下、足関節の背屈動作)の硬さをチェックする方法について解説したいと思います。 足...
柔軟性・機能評価|体幹・胸椎の伸展の可動性をチェックする方法 体幹・胸椎の伸展動作(反る動き)は、スポーツやトレーニング動作の中でも大切な動きの一つですよね。 近年では、スマホ...
柔軟性・機能評価|胸椎の捻り・回旋の柔軟性を簡単にチェックする方法 体幹の回旋(ローテーション)動作は、日常生活でもスポーツ場面においても大切な動きの一つです。そして体幹の捻る動きでは、「...

 

セルフケア・コンディショニング|関連記事

保存版|セルフリリースエクササイズ9種類|Self Release Exercise|正しい使用方法 一般的に筋膜リリースと言われる方法です。Self-Myofascial Release(SMR:自身での筋膜リリース)で...
保存版| スティックver. セルフリリースエクササイズ8種類|Self Release Hand-Held Foam Roller|正しい使用方法 一般的に筋膜リリースと言われる方法です。Self-Myofascial Release(SMR:自身での筋膜リリース)で...

 

トレーニングの基礎知識|関連記事

柔軟性・機能チェック|前屈動作3つのチェックポイント 今回の記事では、骨盤の前傾や股関節、脊柱の曲げる動き、背面筋群・下肢後面筋群の硬さなどをチェックする際に行われる「前屈」...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい5つの関節 先日の記事では、運動する人に知ってもらいたい筋肉について解説していきました。前編・後編と合わせて14つの筋を紹介している...
トレーニングの基礎知識|筋肥大させるために必要な負荷設定と栄養|アクションプラン 「筋肥大」は、スポーツ選手のパフォーマンス向上にとっても、一般の人のボディメイクにとっても大切な要素の一つだと思います。...
トレーニングのマンネリ化を打開する5つの方法 トレーニングを実践していてこのような状況になったことはないでしょうか? 「トレーニング効果が感じにくくなってきたな...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい14の筋肉(前編) トレーニングを効率よく実践するために大切な原理・原則の一つに「意識性の原則」という原則があります。意識性の原則とは、簡単...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい14の筋肉(後編) 今回は、前回の記事でお伝えした運動やトレーニングを実践する人が知ってほしい筋(前編)のPart2!後編をお伝えさせていた...
トレーニングの基礎知識|トレーニング前後の栄養補給の大切さ|ベストなタイミングと摂取内容・量 食事やサプリメントから摂取する栄養は、トレーニングと同じくらい大切です。食事内容によって身体の調子や見た目を大きく左右し...
トレーニングの基礎知識|目的に合わせたストレッチ|6種類 スポーツやトレーニング、運動前、お風呂上がり、起床時、就寝前など様々な場面において実践されているストレッチ。 ゆっ...
トレーニングの基礎知識|ウエイトトレーニングのセット法|10種類 ウエイトトレーニングには、数種類の「セット法」があることを知っていましたか? このセット法を用途によって使い分ける...
トレーニングの基礎知識|トレーニングとストレッチの最適な実施頻度 トレーナーとして活動していると、よくこのような質問を受けることがあります。 「トレーニングはどのくらいやれ...
初心者向け|30分間のトレーニングでも効果はあるか? 30分間のトレーニングでも効果はあるか? 結論、目的に合った正しい方法で実践すれば、30分間のトレーニングでも十分...
ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事