ダイエット/ボディメイク

ダイエットの失敗を招く5大要因とは?

ダイエットの失敗を招く5大要因とは?【音声配信】

 

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している BODY PARTNARS の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

 

恐らく、ダイエットしたい人は世の中に何万人レベルでいると思います…(笑)

ダイエットに取り組んだは良いが失敗に終わってしまう人も結構いるかと思います。また、一度ダイエットできたけど数週間…1〜2ヶ月したら元の状態に戻ってしまったという経験をしている人もいると思います。

「失敗」には必ず原因があります。ダイエットで思うように体重が落ちないことにも、痩せたけどリバウンドしてしまうことにも…必ず何かしらの原因があります。

今後、同じ失敗を招かないためには、それらの「原因」を知ることが必要です。

次に繋げていくためには、原因を知って改善していかないといけません。

 

今回の記事では、ダイエットの失敗を招く5大要因ということで現役のパーソナルトレーナーがわかりやすく解説していきます。

これからダイエットを取り組む人は、失敗しないためにも当記事の内容を参考にしてもらえたらと思います。

ダイエットの失敗を招く5大要因とは?

  1. 内発的動機・意欲が低い
  2. 食習慣・生活が改善されていない
  3. 運動を習慣化できていない
  4. 自分自身に打ち勝つことができない
  5. 環境が整っていない

①内発的動機・意欲が低い

内発的動機とは以下のような意味を持ちます。

内発的動機付けとは内面に沸き起こった興味・関心や意欲に動機づけられている状態のこと。動機づけの要因は金銭や食べ物、名誉など、外から与えられる外的報酬に基づかないものを指す。社会心理学者のデジによれば、内発的動機付けには有能感と自己決定感が強く影響するという。

出典:リクルート公式HP|内発的動機付けとは

要するに、自分自身の内側から湧き出る「やる気」のことです。

ダイエットという取り組みを「周りの人から言われるがままにする」とか「何となくの状態で取り組む」ような状態では決して長続きはしません…ほかの誘惑にもすぐに負けてしまいます。。

内面から出るエネルギーが高ければ高い(内発的動機付け)ほど、心に決めたことをブレずに進めることができます。

 

自分自身がダイエットを始めるにあたり最初に決めた「目標」

それを「必ず達成させる!!」という気持ちが必要です。その気持が薄れていくほど、失敗へと近づいていきます。

トレーニングのときも、食事のときも、常にその目標を意識し続けることが大切。

内発的動機付けを高める方法
  1. 目標を設定する
  2. 関与する度合いを決める
  3. 成功体験を積み上げる

参考記事:内発的動機づけを高める3つの方法を紹介!メリットやデメリットは?

 

②食習慣・内容が改善されていない

次に食習慣・内容が改善されていないことです。ダイエットで体重や体脂肪を落とすためには、食習慣や食事内容は必ず見直さないといけないことのひとつです。

ダイエットは「食事9割・運動1割」と言われています。

ほんとにその通りで、食事を改善せずに運動だけ取り組んでいても効率的には痩せることはできません。運動不足になっていて太ることもありますが、どちらかというと「食事が原因」で体重が増えてしまうことの方が多いです。

恐らく、ダイエットが失敗に終わる人の多くは、食習慣・内容が改善されていないケースが多いと思います。

※人によっては、食事よりも運動を積極的に取り組んだ方が良い場合もあります。

 

トレーニングでカラダを動かして消費エネルギー量を増やすことも大切ですが、食事の摂取量を調整したり、食習慣全体を改善・見直すことも大切です。

ダイエットを効率よく進めていきたい人、失敗したくない人は、必ず食習慣・摂取する内容は意識して取り組んでいきましょう。

 

③運動を習慣化できていない

3つ目は、運動が習慣化できていない人です。これも一つの多い要因です。習慣化できない要因もいろいろなことが考えられますが…特にフィットネスクラブや24時間ジム、自宅など…1人で取り組むケースに多いかなと思います。

一人で実践・継続していくとなると、常にモチベーションを自分自身でコントロールしていかないといけません。計画・プランもトレーナーさんに聞かない限りは、自分自身で独学でやっていくことになります。

計画・プランが目標に対して適切でない道筋だったとしたら、目標達成するまでの時間も大幅にロスしてしまい、目標達成できないという不安や焦りから挫折してしまうケースも多いと思います。

 

運動を習慣化させるためには、1番目にお伝えしたところの「内発的動機」を高めることや、運動一つひとつに目的意識を持つこと、運動を気軽に取り組める環境を作ることが大切です。

場合によっては、正しい運動方法で習慣化させるまでの期間だけパーソナルトレーニングを受けるのも良いと思います。

 

ダイエットは、食事9割・運動1割とはいえ、そのトレーニングやストレッチを取り組む運動「1割」がめっちゃ大事です。運動から得られるメリットは絶大です。食への関心も深めてくれるキッカケを与えてくれますし、筋肉をつけて美ボディを作り上げていくことも可能です。

食事の意識だけでは、美しいカラダ作りできないですし、筋肉もつきません。トレーニングと栄養は(+睡眠の3つ)常にセットで考えていくように取り組んでいきましょう。

 

④自分自身に打ち勝つことができない

次に4つ目が、自分自身に打ち勝つことができないことです。

自分自分に打ち勝つとは、己に打ち勝つということです。

  • 遊びや食事の誘いがあってもジムに行く
  • 目の前にお菓子や甘い食べ物が置いていても食べない
  • トレーニングでもう1回…もう1種目がんばる

常に己に打ち勝つことが求められます。ヒトはこのように日々小さな選択の連続です。

 

そのひとつの選択次第でダイエットの目標が達成できるか左右すると言っても過言ではありありません。この自分自身に打ち勝つということは、運動や食習慣を作り上げることに繋がることですので最も大切なこともかもしれません。

 

ダイエットに限らず、同じことが言えると思います。ダイエットの目標を達成するには、どの選択をするべきか、常に強い意志を持って選択し、行動することが重要です。

カラダの見た目を変えるということは、多かれ少なかれ、あなたの現状の生活や習慣を変えなければいけません。自分にとって苦しい、辛い、厳しい選択をすることもあると思いますが、先を(ゴール)見据えながら悔いのないようにベストな選択をしていきましょう。

 

⑤環境が整っていない

ラスト5つ目は、環境が整っていないことです。これも非常に大切な要素のひとつです。

なにか目標を掲げてそれを達成するためには、身の回りの環境を整えることが大切になります。

ダイエットを効率よく進めていくためには、

  1. 近い場所にトレーニングを実践する環境があるか
  2. 食習慣が乱れないような環境設定ができているか

の2つが大切なポイントです。これらの環境が整っていないとダイエットを効率よく進めていくことは難しい人が多いかもしれません。

なぜなら、人はその環境に染まっていく・慣れていく(適応する)生き物なので、環境次第で人のカラダの見た目も変わっていきます。

 

いる時間の長い会社の常に見える場所にお菓子や甘い食べ物が置いていたり…家にはカップラーメンやジャンクフードばかり買いだめしていたり…

このような環境では、いくら自分自身が痩せようと心の中で思っていても…ついついお菓子や甘い食べ物、ジャンクフードに手が伸びてしまい食べてしまいます。

 

運動を実践する環境・場所をなるべく近くに設定することもひとつのポイントです。時間を言い訳にしないための対策です。ジムに通う時間を最小限に設定することにより、トレーニング時間も増えすことができ、他のセルフケアやリラックスする時間などに時間を割くことができます。

それでいうと、家の中でしっかりと運動できる環境を作れることが最強かもしれません。その際は自宅でトレーニングするときのメリット・デメリットを十分に理解しながら取り組むようにしましょう。

 

今すぐ!身の回りの環境を整えよう!
  1. 家や会社の見える場所にお菓子や甘い食べ物を置かない
  2. トレーニングを気軽に実践できる環境をつくる

そこまで難しいことではありません。ひとつひとつ見直すべきところを改善していきましょう。

 

この記事のまとめ&最後に

今回お伝えした内容のまとめです。

ダイエットの失敗を招く5大要因
  1. 内発的動機・意欲が低い
  2. 食習慣・生活が改善されていない
  3. 運動を習慣化できていない
  4. 自分自身に打ち勝つことができない
  5. 環境が整っていない

以上の5つです。ダイエットを失敗に終わらせたくない人、リバウンドを予防したい人はぜひ参考にしてもらい取り組んでいくようにしてみて下さい。

 

みなさんの運動やトレーニングに取り組む目標を心から応援しています!!

 

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
 当ブログではトレーニングやストレッチ、コンディションを整えるための情報、読者のカラダや健康に有益な知識をどんどん配信しています。またYouTubeでは目的別や筋肉ごとのトレーニングやストレッチ動画を解説付きでまとめて配信しています。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました!!また次回の記事・YouTubeで会いましょうー!(@taishi_fujimoto

 

»» YouTubeチャンネル【カラダを整える部屋】登録者数1,500人突破

»» YouTubeチャンネル【JSPO-AT.S&Cコーチ / FUJIMOTO TAISHI】

 

 

トレーニング指導のご依頼|お問い合わせ

指導・講演会のご依頼、相談

講習会・セミナー実績講習会・セミナー実績 指導・講演会のご依頼、相...

 

姿勢の悩み|関連記事

【姿勢の悩み】オープンシザースシンドロームの原因・改善方法 姿勢の歪みの一つ「オープンシザースシンドローム」って知っていますか?初めて聞くという人も多いと思います。 オープン...
【姿勢の悩み】アッパークロスシンドローム(上位交差症候群)の原因と改善方法 日本人に多い姿勢の一つでもあるアッパークロスシンドローム(上位交差症候群)。この姿勢になってしまうと「肩こり」や「首の痛...

 

目的別ウォーミングアップ

スクワット前にやるべきウォーミングアップ全8種目 スクワット|腰・ひざを痛めてしまう主な原因 スクワットは、下半身を強化するウエイトトレーニングの中でも代表的な種目...
【5分】ベンチプレス前に実践するべきウォーミングアップ5種目【肩の痛み予防】 ベンチプレス|肩や首を痛める主な原因 ベンチプレスは、上半身を強化するウエイトトレーニングの中でも代表的な種目のひ...
スポーツ選手向け|ウォーミングアップ10種目 今回のYouTube動画では、スポーツ選手に向けて練習や試合前、トレーニング前に是非やってもらいたいウォーミングアップル...
筋トレの種目に合わせたウォーミングアップ11種目を専門家がご紹介! みなさんは、筋トレ前にウォーミングアップは実践されていますか?また、その実践されている方は、カラダの状態や目的に合わせて...

 

柔軟性・機能チェック|関連記事

柔軟性・機能チェック|前屈動作3つのチェックポイント 今回の記事では、骨盤の前傾や股関節、脊柱の曲げる動き、背面筋群・下肢後面筋群の硬さなどをチェックする際に行われる「前屈」...
柔軟性・機能チェック|肩の柔軟性をチェックする方法 今回の記事では、肩甲帯という肩甲胸郭関節や肩甲上腕関節、胸郭の柔軟性をチェックする方法をお伝えしたいと思います。 ...
柔軟性・機能評価|足関節の柔軟性を簡単にチェックする2つの方法 今回の記事では足首の曲げる動き(以下、足関節の背屈動作)の硬さをチェックする方法について解説したいと思います。 足...
柔軟性・機能評価|体幹・胸椎の伸展の可動性をチェックする方法 体幹・胸椎の伸展動作(反る動き)は、スポーツやトレーニング動作の中でも大切な動きの一つですよね。 近年では、スマホ...
柔軟性・機能評価|胸椎の捻り・回旋の柔軟性を簡単にチェックする方法 体幹の回旋(ローテーション)動作は、日常生活でもスポーツ場面においても大切な動きの一つです。そして体幹の捻る動きでは、「...

 

セルフケア・コンディショニング|関連記事

保存版|セルフリリースエクササイズ9種類|Self Release Exercise|正しい使用方法 一般的に筋膜リリースと言われる方法です。Self-Myofascial Release(SMR:自身での筋膜リリース)で...
保存版| スティックver. セルフリリースエクササイズ8種類|Self Release Hand-Held Foam Roller|正しい使用方法 一般的に筋膜リリースと言われる方法です。Self-Myofascial Release(SMR:自身での筋膜リリース)で...

 

トレーニングの基礎知識|関連記事

柔軟性・機能チェック|前屈動作3つのチェックポイント 今回の記事では、骨盤の前傾や股関節、脊柱の曲げる動き、背面筋群・下肢後面筋群の硬さなどをチェックする際に行われる「前屈」...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい5つの関節 先日の記事では、運動する人に知ってもらいたい筋肉について解説していきました。前編・後編と合わせて14つの筋を紹介している...
トレーニングの基礎知識|筋肥大させるために必要な負荷設定と栄養|アクションプラン 「筋肥大」は、スポーツ選手のパフォーマンス向上にとっても、一般の人のボディメイクにとっても大切な要素の一つだと思います。...
トレーニングのマンネリ化を打開する5つの方法 トレーニングを実践していてこのような状況になったことはないでしょうか? 「トレーニング効果が感じにくくなっ...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい14の筋肉(前編) トレーニングを効率よく実践するために大切な原理・原則の一つに「意識性の原則」という原則があります。意識性の原則とは、簡単...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい14の筋肉(後編) 今回は、前回の記事でお伝えした運動やトレーニングを実践する人が知ってほしい筋(前編)のPart2!後編をお伝えさせていた...
トレーニングの基礎知識|トレーニング前後の栄養補給の大切さ|ベストなタイミングと摂取内容・量 食事やサプリメントから摂取する栄養は、トレーニングと同じくらい大切です。食事内容によって身体の調子や見た目を大きく左右し...
トレーニングの基礎知識|目的に合わせたストレッチ|6種類 スポーツやトレーニング、運動前、お風呂上がり、起床時、就寝前など様々な場面において実践されているストレッチ。 ゆっ...
トレーニングの基礎知識|ウエイトトレーニングのセット法|10種類 ウエイトトレーニングには、数種類の「セット法」があることを知っていましたか? このセット法を用途によって使い分ける...
トレーニングの基礎知識|トレーニングとストレッチの最適な実施頻度 トレーナーとして活動していると、よくこのような質問を受けることがあります。 「トレーニングはどのくらいやれ...
初心者向け|30分間のトレーニングでも効果はあるか? 30分間のトレーニングでも効果はあるか? 結論、目的に合った正しい方法で実践すれば、30分間のトレーニングでも十分...
ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事