運動初心者

トレーニングで結果が出ると『自己肯定感』が高まる

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している BODY PARTNARS の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

 

トレーニングで結果が出ると『自己肯定感』が高まる

今回の記事では、トレーニングを始めて結果が出ると『自己肯定感』が高まるというテーマでお話していきたいと思います。

自己肯定感とは?

自己肯定感(じここうていかん)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉であり自尊心英語self-esteem)、自己存在感、自己効力感英語self-efficacy)、自尊感情などと類似概念であり同じ様な意味で用いられる言葉である

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

自己肯定感は上記のような意味です。つまり、自己肯定感が高まると「自分自身を評価して認めることができ、自分自身の価値・存在意義・在り方を良い方向へと評価」できる状態になります。

 

自己肯定感が高まるメリット
  1. 肯定的な思考・視点をもてる
  2. 落ち込んだ後の切り替えが早い
  3. 高い集中力
  4. 他人の話に耳を傾けられる
  5. 他人との違いを受け入れられる
  6. 自分の考えを伝えられる

自己肯定感が高まっていくと、自分自身の価値・存在意義・在り方を良い方向へと評価するだけでなく、チャレンジ精神も強くなり、仕事やプライベート、人間関係にも良い影響を与えてくれます。

 

反対に、自己肯定感が低い人は…常に自分自身を疑い・否定的な思考になってしまったり、何を取り組むにしてもネガティブな思考になりやすい状態になります。

 

自己肯定感が低い人には、4つのタイプがあると言われています。

自己肯定感が低い人のタイプ
  1. 逃避タイプ
  2. 諦めるタイプ
  3. 比較優位タイプ
  4. 求めるタイプ

自己肯定感が低いと諦めやすくなったり、無力感や絶望感を感じやすくなる

出典:カオナビ

世界的に見ても、日本人の自己肯定感は非常に低いといわれているそうで平成26年に内閣府が発表した内容によれば「自分自身に満足している」「自分には長所がある」と回答した13歳から29歳の若者は、調査を行った7か国中で日本が最も低かったそうです。

 

それでは、自己肯定感を高めるためにはどうすれば良いでしょうか?

高める方法には、「心から自分自身と向き合う」ことや「環境を変える・整える」「肯定的な思考でいることを意識する」「自分自身の意思や考え方を大切にする」ことなどが考えられます。

トレーニングを継続的に実践して結果を出すこともひとつの方法です。今回の記事でお伝えしたい内容でみなさんにもオススメしたい方法です。

なぜ、トレーニングで『自己肯定感』が高まる?

トレーニングを継続的に取り組んでいる人は、自己肯定感の高い人が非常に多い傾向です。

トレーニングをしている人たちの中で「筋トレは嘘をつかない」と言われることがあります。まさしく、その通りの言葉で筋トレは嘘をつきません。

トレーニングは正しい方法・頻度で実践し、継続していけば、誰であっても大なり小なり結果を出すことができます。

 

このトレーニングを始めたときに「目標」を設定することがとても大切です。

ただ何となくやっているだけじゃいけません。このときの目標の大きさは関係ありません。

とにかく、目標を意識してトレーニングに打ち込むことが大切で、目標を達成するプロセスも大切なポイントです。

 

この目標を達成したときの「成功体験」の小さな積み重ねが自己肯定感を高めることに繋がっていきます。

 

カラダの見た目や体重・体脂肪・筋肉量などの数値の変化がでて結果に繋がれば、それは間違いなく「自信」に繋がります。

筋トレを始めて「結果」を出して、このように自分自身に自身がついた人も少なくないはずです。

小さな成功体験の積み重ねの結果、自分に対して「自信」を持つことができれば、少しずつ自己肯定感も高まっていくと思います。自己肯定感が高まっていけば、これまでよりも、さらにトレーニングに対しての意欲も増していきます。

 

そして、トレーニングの時間は「常に自分自身と向き合う時間」です。

トレーニング中は、ある意味「自己肯定感を高めるトレーニング」とも言えるかなと個人的には感じています。ベクトルが自分に向いていないと、集中力を切らさずに最後までやり切ることはできないと思います。

 

今すぐ!!トレーニングを始めよう!!

トレーニングは、控えめに言って全員やるべきことだと感じています。トレーナーとしてカラダの構造やトレーニングを通じて期待できる効果などを勉強しているから尚更です。

これまでの記事でもお伝えしていますが「デメリット」がほとんどありません。

 

トレーニングといっても、重りを持つようなウエイトトレーニングやマシントレーニングだけじゃなく、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動、エアロビクスやピラティス、ヨガなど、さまざまな種類・ジャンルがあります。

その中で自分自身のカラダの状態や目的に合っている方法を選択して取り組んでいってほしいなと思います。

 

運動を通じてカラダの変化を実感して、自己肯定感が高まり、一人でも多くの人が自分に「自信」を持てるようになり、仕事やプライベートにも良い影響が現れればとても嬉しいです。

 

トレーニング指導のご依頼|お問い合わせ

指導・講演会のご依頼、相談

講習会・セミナー実績講習会・セミナー実績 指導・講演会のご依頼、相...

 

姿勢の悩み|関連記事

【姿勢の悩み】オープンシザースシンドロームの原因・改善方法 姿勢の歪みの一つ「オープンシザースシンドローム」って知っていますか?初めて聞くという人も多いと思います。 オープン...
【姿勢の悩み】アッパークロスシンドローム(上位交差症候群)の原因と改善方法 日本人に多い姿勢の一つでもあるアッパークロスシンドローム(上位交差症候群)。この姿勢になってしまうと「肩こり」や「首の痛...

 

柔軟性・機能チェック|関連記事

柔軟性・機能チェック|前屈動作3つのチェックポイント 今回の記事では、骨盤の前傾や股関節、脊柱の曲げる動き、背面筋群・下肢後面筋群の硬さなどをチェックする際に行われる「前屈」...
柔軟性・機能チェック|肩の柔軟性をチェックする方法 今回の記事では、肩甲帯という肩甲胸郭関節や肩甲上腕関節、胸郭の柔軟性をチェックする方法をお伝えしたいと思います。 ...
柔軟性・機能評価|足関節の柔軟性を簡単にチェックする2つの方法 今回の記事では足首の曲げる動き(以下、足関節の背屈動作)の硬さをチェックする方法について解説したいと思います。 足...
柔軟性・機能評価|体幹・胸椎の伸展の可動性をチェックする方法 体幹・胸椎の伸展動作(反る動き)は、スポーツやトレーニング動作の中でも大切な動きの一つですよね。 近年では、スマホ...
柔軟性・機能評価|胸椎の捻り・回旋の柔軟性を簡単にチェックする方法 体幹の回旋(ローテーション)動作は、日常生活でもスポーツ場面においても大切な動きの一つです。そして体幹の捻る動きでは、「...

 

セルフケア・コンディショニング|関連記事

保存版|セルフリリースエクササイズ9種類|Self Release Exercise|正しい使用方法 一般的に筋膜リリースと言われる方法です。Self-Myofascial Release(SMR:自身での筋膜リリース)で...
保存版| スティックver. セルフリリースエクササイズ8種類|Self Release Hand-Held Foam Roller|正しい使用方法 一般的に筋膜リリースと言われる方法です。Self-Myofascial Release(SMR:自身での筋膜リリース)で...

 

トレーニングの基礎知識|関連記事

柔軟性・機能チェック|前屈動作3つのチェックポイント 今回の記事では、骨盤の前傾や股関節、脊柱の曲げる動き、背面筋群・下肢後面筋群の硬さなどをチェックする際に行われる「前屈」...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい5つの関節 先日の記事では、運動する人に知ってもらいたい筋肉について解説していきました。前編・後編と合わせて14つの筋を紹介している...
トレーニングの基礎知識|筋肥大させるために必要な負荷設定と栄養|アクションプラン 「筋肥大」は、スポーツ選手のパフォーマンス向上にとっても、一般の人のボディメイクにとっても大切な要素の一つだと思います。...
トレーニングのマンネリ化を打開する5つの方法 トレーニングを実践していてこのような状況になったことはないでしょうか? 「トレーニング効果が感じにくくなってきたな...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい14の筋肉(前編) トレーニングを効率よく実践するために大切な原理・原則の一つに「意識性の原則」という原則があります。意識性の原則とは、簡単...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい14の筋肉(後編) 今回は、前回の記事でお伝えした運動やトレーニングを実践する人が知ってほしい筋(前編)のPart2!後編をお伝えさせていた...
トレーニングの基礎知識|トレーニング前後の栄養補給の大切さ|ベストなタイミングと摂取内容・量 食事やサプリメントから摂取する栄養は、トレーニングと同じくらい大切です。食事内容によって身体の調子や見た目を大きく左右し...
トレーニングの基礎知識|目的に合わせたストレッチ|6種類 スポーツやトレーニング、運動前、お風呂上がり、起床時、就寝前など様々な場面において実践されているストレッチ。 ゆっ...
トレーニングの基礎知識|ウエイトトレーニングのセット法|10種類 ウエイトトレーニングには、数種類の「セット法」があることを知っていましたか? このセット法を用途によって使い分ける...
トレーニングの基礎知識|トレーニングとストレッチの最適な実施頻度 トレーナーとして活動していると、よくこのような質問を受けることがあります。 「トレーニングはどのくらいやれ...
初心者向け|30分間のトレーニングでも効果はあるか? 30分間のトレーニングでも効果はあるか? 結論、目的に合った正しい方法で実践すれば、30分間のトレーニングでも十分...
ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事