G-3Z4HXC6LTD 内転筋|アクティブストレッチ4種(6分)股関節ストレッチ|TORECON
公式ホームページをみる!
YouTube

内転筋|アクティブストレッチ4種(6分)股関節ストレッチ

藤元大詩/Taishi Fujimoto

[chat face=”IMG_5622.jpg” name=”B-LEAD代表 藤元” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru” ] みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している B-LEAD の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto) [/chat]

 

内転筋群が過度に硬くなってしまうと反り腰やX脚などの姿勢の乱れ、股関節の動きの制限に繋がってしまいます。開脚の可動域が狭い人も内転筋群が硬くなっている可能性があります。

 

内転筋群は以下の筋で構成されています。

[box05 title=”内転筋群”]大内転筋、長内転筋、短内転筋[/box05]

[2col-box]
[2-left title=”内転筋群(正面から)” style=”1″]

[/2-left]
[2-right title=”右|内転筋群(内側から)” style=”1″]

[/2-right]
[/2col-box]

股関節の内転の動きには、その他にも恥骨筋や薄筋なども関わっています。これらの筋肉は主に股関節を内側に近づける動き(股を締めるような動き)に使われています。

 

内転筋群の中では、大内転筋が最も大きい筋肉です。内転筋と言われていますが、股関節の伸展動作(蹴るような動き)にも大切な役割を持っています。

また大内転筋の一部に内側広筋(大腿四頭筋)が付着しているため、内側広筋の出力にも関係しています。内側広筋は膝の内側に位置する筋で膝関節の安定性に大切な役割を持つ。

長内転筋は、股関節の内転と屈曲の動きに使われています。

 

内転筋|アクティブストレッチ4種(6分)|動画

[jin-iconbox01]痛みや不調をお持ちの方は医師やトレーナーに相談してから実践するようにしましょう。[/jin-iconbox01]

動画の目次|クリックすると閲覧可

  • 0:00 オープニング|目次
  • 0:37 ①シッティング・ストレッチ
  • 2:03 ②ハーフニーリング・ストレッチ
  • 3:38 ③ヒップフレクサー・ストレッチ
  • 5:37 ④カエル・ストレッチ

 

内転筋|アクティブストレッチ4種|画像・プチ解説

①シッティング・ストレッチ

[2col-box]
[2-left bg_color=”#f7f7f7″ title=”スタート姿勢” style=”1″]

[/2-left]
[2-right bg_color=”#f7f7f7″ title=”フィニッシュ姿勢” style=”1″]

[/2-right]
[/2col-box]

[box04 title=”ストレッチ実践方法”]

  1. 片足長座の姿勢になる
  2. 両手を頭の後ろにあてる
  3. 息を吐きながら上体を横にたおしていく

[/box04]

 

 

 

②ハーフニーリング・ストレッチ

[2col-box]
[2-left bg_color=”#f7f7f7″ title=”スタート姿勢” style=”1″]

[/2-left]
[2-right bg_color=”#f7f7f7″ title=”フィニッシュ姿勢” style=”1″]

[/2-right]
[/2col-box]

[box04 title=”ストレッチ実践方法”]

  1. 片足長座の姿勢になる
  2. 両手を頭の後ろにあてる
  3. 息を吐きながら上体を横にたおしていく

[/box04]

 

③ヒップフレクサー・ストレッチ

[2col-box]
[2-left bg_color=”#f7f7f7″ title=”スタート姿勢” style=”1″]

[/2-left]
[2-right bg_color=”#f7f7f7″ title=”フィニッシュ姿勢” style=”1″]

[/2-right]
[/2col-box]

[box04 title=”ストレッチ実践方法”]

  1. 片足長座の姿勢になる
  2. 両手を頭の後ろにあてる
  3. 息を吐きながら上体を横にたおしていく

[/box04]

 

 

④カエル・ストレッチ

[2col-box]
[2-left bg_color=”#f7f7f7″ title=”スタート姿勢” style=”1″]

[/2-left]
[2-right bg_color=”#f7f7f7″ title=”フィニッシュ姿勢” style=”1″]

[/2-right]
[/2col-box]

[box04 title=”ストレッチ実践方法”]

  1. 片足長座の姿勢になる
  2. 両手を頭の後ろにあてる
  3. 息を吐きながら上体を横にたおしていく

[/box04]

 

 

トレーニング指導のご依頼|お問い合わせ

指導・講演会のご依頼、相談

講習会・セミナー実績

 

トレーニングの基礎知識|関連記事

柔軟性・機能チェック|肩の柔軟性をチェックする方法

柔軟性・機能チェック|前屈動作3つのチェックポイント

トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい5つの関節

トレーニングの基礎知識|筋肥大させるために必要な負荷設定と栄養|アクションプラン

トレーニングのマンネリ化を打開する5つの方法

トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい14の筋肉(前編)

トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい14の筋肉(後編)

トレーニングの基礎知識|トレーニング前後の栄養補給の大切さ|ベストなタイミングと摂取内容・量

トレーニングの基礎知識|目的に合わせたストレッチ|6種類

トレーニングの基礎知識|ウエイトトレーニングのセット法|10種類

トレーニングの基礎知識|初心者でもわかるトレーニング時の負荷の決め方

筋トレの効果を最大限に高めるトレーニングの4原理・5原則

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Facebookでのコメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
藤元大詩/FUJIMOTO TAISHI
藤元大詩/FUJIMOTO TAISHI
B−LEAD代表パーソナルトレーナー/講師
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
公式LINEから気軽に参加可能!!『柔軟性&姿勢改善』今なら、登録の方全員にプレゼント特典進呈中!
フランス人気No.1サプリメントブランドが日本初上陸!高品質のプロテインと飲みやすいサプリ、当サイト運営者も愛飲中!
記事URLをコピーしました