コンディショニング

硬い背中を伸ばす背骨を柔らかくするストレッチ・コンディショニング10種|背骨の解剖学もわかりやすく解説

今回の記事では、背骨を柔らかくするストレッチやコンディショニングを紹介する。一般の方でも必ず理解しておいてほしい背骨の解剖学も簡単にわかりやすく解説していくので是非最後まで読み進めていってもらいたい。

「ガチガチに硬くなった背中を伸ばしたい」「背骨を柔らかくしてケガを予防したい」人の役に立つ内容になっていれば嬉しい。

骨盤の歪みを整えるストレッチ&コンディショニング9種|骨盤の構造・解剖学もわかりやすく解説今回の記事では、骨盤の歪みを整えるコンディショニング方法を紹介する。一般の方でも理解しておくべき知識として骨盤の解剖学も簡単にわかりやす...

「背骨」の解剖学をわかりやすく解説

背骨(脊柱)は、頚椎(7コ)と胸椎(12コ)と腰椎(5コ)の計24コの椎体で構成されていて、その下に仙骨と尾骨という骨盤が位置している。骨盤から上に位置する腰椎〜頚椎は、椎体という一つ一つの骨が積み木のように積み重なっている。

「背骨」の持っている働きと役割

背骨は、大きくつの働き・役割をもっている。1つ目は「身体を支える柱」としての役割、2つ目は「身体を動かす」機能、3つ目は「内臓を守る」働き、4つ目は「脊髄や神経を保護する」役割がある。

基本的な背骨の構造的な役割は上記の3つ。横から見たときにわかる背骨のカーブ(生理的な彎曲)にも、大事な機能的な役割があるので一緒に覚えておこう。

「背骨」の解剖学をもっと詳しく学ぶなら!

一般の方向け|まるごと図解背骨のしくみと動きがわかる本

脊柱の構造、脊柱を囲む筋肉、脊柱を通る神経とその作用がわかる!脊柱が変形する原因と、変形により引き起こされる疾患がわかる!脊柱を守るためのエクササイズと日常動作がわかる!

専門家向け|カパンジー機能解剖学 III 脊椎・体幹・頭部 原著第7版

骨・関節・筋の機能解剖学,生体力学,運動学について,簡明で理解しやすいイラストと明解な文章でわかりやすく解説した,機能解剖学の集大成!

背骨を柔らかくするストレッチ・コンディショニング

①キャットキャメル|目安10〜15回

②四つ這い サイドルック|目安10〜20回

③ロールアップ・ロールダウン|目安10〜15回

④シッティング・キャットキャメル|目安10〜20回

⑤ヒップクロスオーバー・クローズ|目安10〜20回

⑥ダウンドッグ&アップドッグ|目安5〜10回

⑦ハイパーエクステンション|目安10〜15回

⑧シッティング・チェストオープン・アームリーチ|目安10〜15回

⑨プレッツェル1.0|目安5〜15回

⑩コモドストレッチ|目安5〜15回

しなやかな「背骨」を手に入れてパフォーマンスアップ

背骨(脊柱)が本来持っている機能を最大限に引き出すことができれば、日常やスポーツ動作のパフォーマンスアップに繋げることができる。衝撃吸収の役割も担っているため、肩コリや腰痛などの障害の予防にも繋がる。

これら3つのポイントは必ず押さえてもらいたい。運動不足の方や長時間同じ姿勢を取り続ける方は、とくに背骨が硬くなりやすい傾向にあるため、定期的に背骨を動かす時間を作ることが大切。

しなやかな「背骨」を手に入れてライフパフォーマンスを高めていこう!

横隔膜の鍛え方!体幹インナーマッスルを効率的に鍛える方法を徹底解説今回の記事では、横隔膜の鍛えるトレーニング方法を紹介する。「横隔膜ってどんな役割があるの?」と疑問に感じている方、「横隔膜を使えるような...
骨盤の歪みを整えるストレッチ&コンディショニング9種|骨盤の構造・解剖学もわかりやすく解説今回の記事では、骨盤の歪みを整えるコンディショニング方法を紹介する。一般の方でも理解しておくべき知識として骨盤の解剖学も簡単にわかりやす...
ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事