セルフケア|自宅トレ

“硬い肩関節”の動きを柔らかくするストレッチ16種類

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している BODY PARTNARS の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

 

肩の動きを柔らかくするストレッチ|16種

今回の記事では、硬くなってしまった肩関節の動き(柔軟性・可動性)を高めるストレッチ・エクササイズを16種類ご紹介していきます。

肩関節の動きには、肩甲上腕関節や肩甲胸郭関節、肩鎖関節などの関節が関わっています。肩甲骨と上腕骨で構成される肩甲上腕関節がいわゆる肩関節と言われていますが、その部分に対してのアプローチだけでは動きが改善されないことがほとんどです。

なぜなら、他にも胸郭(肋骨・胸骨・胸椎)、鎖骨などの骨、それに関わる関節が関わっているからです。また脊柱や体幹部の機能も肩関節の動きに関わる要素となります。

 

みなさんには、まず肩の動きに関わる要素は「複数ある」ということを知っておいてもらいたいです。

それらの肩の動きに関わる部分で機能低下を起こしている部位にアプローチすることで、肩の動きを改善させることが期待できます。

 

柔軟性・可動性(機能的な柔軟性)を獲得していくためには、日常的にストレッチやセルフケアを実施することが必要です。機能的な柔軟性を獲得するためには、自分自身で動かしていくことも必要になります。

 

今回ご紹介する内容には、肩の動き(柔軟性・可動性)を高めていくために必要なストレッチやエクササイズを実践しています。是非ひとつの参考に取り入れてみて下さい。

1.フロアT

 

2.フロアW

 

3.ウィンギング1.0

 

4.ウィンギング2.0

 

5.スイマー

 

6.プローン・ショルダープレス

 

7.プローン・トランクローテーション

 

8.サイドライイング・チェストオープナー

 

9.サイドライイング・ショルダースイープ

 

10.プレッツェル1.0

 

11.プレッツェル2.0

 

12.シッティング・チェストオープン

 

13.広背筋・スタティックストレッチ

 

14.ハイパーエクステンション

 

15.キャットキャメル

 

16.ワールドグレイテスト・ストレッチ

 

この記事のまとめ&最後に

肩の動き(柔軟性・可動性)を高めるために必要なストレッチ・エクササイズを16種目ご紹介させて頂きました。

股関節ストレッチ・エクササイズ28種目でもお伝えしたように、16種目すべて実践する必要はありません。所要時間やカラダの状態、環境に合わせて実践することが大切です。あなたの目的に合わせて種目を選んでやってみて下さいね。

 

»» "硬い股関節"を柔らかくするストレッチ28種類

 

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
ちなみに今回UPした動画はこちらのチャンネルで閲覧可能です。よかったら登録もお願いします。私が運営するメインチャンネルでは、目的別・筋肉別にトレーニング・ストレッチ・エクササイズ動画をわかりやすくまとめて配信しています。

こちらのチャンネルもぜひ覗いてもらえると嬉しいです。(@taishi_fujimoto

»» YouTubeチャンネル【カラダを整える部屋】登録者数1,600人突破

»» YouTubeチャンネル【JSPO-AT.S&Cコーチ / FUJIMOTO TAISHI】

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事