G-3Z4HXC6LTD 【解剖学】トレーナーが知っておくべき『大殿筋』の役割と基礎知識|TORECON
公式ホームページをみる!

【解剖学】トレーナーが知っておくべき『大殿筋』の役割と基礎知識

藤元大詩/Taishi Fujimoto

今回は解剖学シリーズということでトレーナーが知っておくべき『大殿筋』の役割と基礎知識について解説します。股関節・骨盤の機能的な構造を理解する上で必ず知っておきたい知識のひとつです。

大殿筋とは?

大殿筋は股関節の筋群の中では、最も表層に位置する筋です。大殿筋は浅層部と深層部とあり、上部線維と下部線維の2つの線維があります。筋の付着部、線維の走行が違うため、それぞれの作用にも違いがあります。

大殿筋|起始・停止・支配神経・作用

大殿筋の浅層線維の起始は、腸骨稜と上後腸骨棘(PSIS)、腰背筋膜、仙骨、尾骨です。深層線維の起始は、腸骨翼の殿筋面と仙結節靭帯です。

停止は上部線維と下部線維で分かれます。上部線維は、大殿筋膜の外側部で腸脛靭帯に付着し、下部線維は殿筋粗面に付着しています。

大殿筋  Gluteus Muscle
起始 浅層線維:腸骨稜、上後腸骨棘、腰背腱膜、仙骨、尾骨
深層線維:腸骨翼の殿筋面、仙結節靭帯
停止 上部:大殿筋膜の外側部で腸脛靭帯に移行
下部:殿筋粗面
支配神経 下殿神経
作用 股関節の伸展と外旋
上部線維:股関節の外転
下部線維:股関節の内転

大殿筋の筋連結

大殿筋は、筋膜や靭帯などを介して多くの筋と連結しています。腰背部に位置する広背筋や多裂筋、最長筋は、胸腰筋膜を介して、反対側に位置する大殿筋と連結しています。

同じ殿筋群である中殿筋は、殿筋膜を介して繋がっています。大殿筋の停止部では、外側広筋やハムストリングス、小内転筋、大内転筋などの筋と連結しています。

大殿筋の機能的な役割

大殿筋の主な作用は、股関節の伸展と外旋です。体幹を固定した状態下での股関節伸筋(大殿筋とハムストリングスなど)は骨盤を後傾させる動きに作用します。

また、体幹を前傾する姿勢においても、股関節伸筋の活動が必要となります。

大殿筋は生理学的断面積が大きく、モーメントアームも長く、強大な筋力を発揮します。そのため、爆発的なパワー発揮が求められる競技スポーツにおいては大変重要な役割を担っています。

もちろん、普段何気ない動きとなる歩く、止まる、階段の上り下りなど…日常生活においても大事な役割を担っています。

大殿筋のトレーニングとストレッチ

大殿筋を強化する筋力トレーニング

①グルートブリッジ

②ヒップカーズ

③クラムシェル

大殿筋を伸ばすストレッチ

①仰臥位-大臀筋・中臀筋ストレッチ

②四つ這い 大臀筋・中臀筋

解剖学をもっと詳しく学ぶなら!

カパンジー機能解剖学 II 下肢 原著第7版

[kattene]
{
“image”: “https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4263265920&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=fujimon09300d-22&language=ja_JP”,
“title”: “カパンジー機能解剖学 II 下肢 原著第7版”,
“description”: “「II 下肢」では,「跳躍」「歩行」に関する新項目が追加されたほか,各巻に「解剖学用語一覧」を掲載.”,
“sites”: [
{
“color”: “orange”,
“url”: “https://amzn.to/3qTgRYD”,
“label”: “Amazon”,
“main”: “true”
},
{
“color”: “red”,
“url”: “https://a.r10.to/hMnjRN”,
“label”: “楽天”
}
]
}
[/kattene]

プロメテウス解剖学 コア アトラス 第3版


[kattene]
{
“image”: “https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4260035355&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=fujimon09300d-22&language=ja_JP”,
“title”: “プロメテウス解剖学 コア アトラス 第3版”,
“description”: “美麗なイラストと読みやすい誌面構成はそのままに、画像解剖の充実をはじめとし、さらなる読みやすさを追求し、すべてのイラストと解説が再吟味された。”,
“sites”: [
{
“color”: “orange”,
“url”: “https://amzn.to/3iRJgdh”,
“label”: “Amazon”,
“main”: “true”
},
{
“color”: “red”,
“url”: “https://a.r10.to/hw2KnE”,
“label”: “楽天”
}
]
}
[/kattene]

筋骨格系のキネシオロジー 原著第3版


[kattene]
{
“image”: “https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4263265815&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=fujimon09300d-22&language=ja_JP”,
“title”: “筋骨格系のキネシオロジー 原著第3版”,
“description”: “運動器障害における運動・動作分析の「準拠の枠組み」となるべく,900以上のカラーイラストや表とともに理路整然とした記述で説かれている世界的名著の原著第3版の完訳版。”,
“sites”: [
{
“color”: “orange”,
“url”: “https://amzn.to/3tUUuUD”,
“label”: “Amazon”,
“main”: “true”
},
{
“color”: “red”,
“url”: “https://a.r10.to/hw0k54”,
“label”: “楽天”
}
]
}
[/kattene]

正しい知識を身につけて最適なアプローチを!

パーソナルトレーナーやインストラクター、指導者である以上、解剖学は必ず勉強しておくべき分野のひとつです。

目の前のクライアントや選手に対して、身体の構造に基づいた正しいアプローチを目指していきましょう。解剖学に関する記事は、他にもアップしているので気になる方は是非チェックしてみて下さい。

【解剖学】トレーナーが知っておくべき『肩甲骨』の構造と基礎知識

【解剖学】トレーナーが知っておくべき『骨盤』の構造と基礎知識

【解剖学】トレーナーが知っておくべき『脊柱』の構造と基礎知識

【解剖学】トレーナーが知っておくべき『胸郭』の構造と基礎知識

【解剖学】トレーナーが知っておくべき『膝関節』の構造と基礎知識

【解剖学】トレーナーが知っておくべき『股関節』の構造と基礎知識

【解剖学】トレーナーが知っておくべき『足部』の構造と基礎知識

【解剖学】トレーナーが知っておくべき『肘関節』の構造と基礎知識

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Facebookでのコメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
藤元大詩/FUJIMOTO TAISHI
藤元大詩/FUJIMOTO TAISHI
B−LEAD代表パーソナルトレーナー/講師
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
公式LINEから気軽に参加可能!!『柔軟性&姿勢改善』今なら、登録の方全員にプレゼント特典進呈中!
フランス人気No.1サプリメントブランドが日本初上陸!高品質のプロテインと飲みやすいサプリ、当サイト運営者も愛飲中!
記事URLをコピーしました