【筋トレ前アップ】上半身の安定性を劇的に高めるスタビリティトレーニング6選

藤元大詩/Taishi Fujimoto
パーソナルトレーナー藤元
パーソナルトレーナー藤元

みなさんこんにちは!今回は筋トレ前のウォーミングアップにおすすめな上半身の安定性UPスタビリティトレーニング6種目をご紹介します。

動画の前に上半身の安定性を高める上で大事な知識・簡単な説明も入れていますので是非参考に!

https://youtu.be/QsbCVAttkHU

体幹と胸郭肩甲帯の周りの筋肉の活性化が上半身の安定力UPにつながる!

ポイントは体幹筋と前鋸筋・僧帽筋下部のアクティベーション!

体幹部の安定性に関わる筋肉は、まず腹横筋や横隔膜、内腹斜筋、多裂筋、骨盤底筋群などのインナーマッスルが挙げられます。その上で外側にある腹直筋や外腹斜筋などの筋を正常に機能させることで体幹部の安定性・剛性が高まります。

安定性をつくるためには周りの筋機能を活性化(アクティベーション)させることが大事!

胸郭肩甲帯の安定には、前鋸筋と僧帽筋下部の機能を活性化させることで大事です。これら2つの筋は弱くなりやすい筋で機能が低下することで安定性が失われ、パフォーマンス低下・障害の原因に繋がってしまうことも少なくありません。

上半身全体の安定性をつくるためには「体幹」と「胸郭肩甲帯」の両方の安定をつくるためのアプローチが必要!!

上半身の安定性を劇的に高めるスタビリティトレーニング6選

四つ這いキャット(01)

体幹部・胸郭肩甲帯の安定性をつくるエクササイズ

ベアーショルダータッチ(02)

体幹部・胸郭肩甲帯の安定性をつくるエクササイズ

ベアー&ブリッジ(03)

個別動画を撮影していないエクササイズです。本編動画でご確認ください。

https://youtu.be/QsbCVAttkHU?t=136

セラタスプッシュアップ(04)

胸郭肩甲帯の安定性をつくるエクササイズ

デッドバグ(05)

体幹部の安定性をつくるエクササイズ

ブリッジトータッチ(06)

体幹部・胸郭肩甲帯の安定性をつくるエクササイズ
https://youtu.be/QsbCVAttkHU
パーソナルトレーナー藤元
パーソナルトレーナー藤元

回数目安は10〜30回程度です。本編動画ではポイントも解説も加えていますのでぜひぜひ参考に!

自宅トレーニング、筋トレ前のウォーミングアップとして取り入れてみて下さい。

ABOUT ME
藤元大詩/FUJIMOTO TAISHI
藤元大詩/FUJIMOTO TAISHI
B−LEAD代表パーソナルトレーナー/講師
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました