トレーニング

股関節の正しい使い方を覚える「ヒップヒンジ」の練習方法と種類|トレーナーが解説!

「ヒップヒンジ」は股関節の基礎・基本動作のひとつ。ヒップヒンジができるようになることでパフォーマンスアップや腰痛や膝の痛みなどの障害予防に繋がる。今回の記事では、ヒップヒンジの練習方法と種類をお伝えしていく。

「ヒップヒンジ」の練習方法と種類

「ヒップヒンジ」の練習方法

ヒップヒンジのやり方には、立った姿勢や四つ這い姿勢、膝立ち姿勢など…さまざまなパターンがある。通常の立ったままの姿勢でヒップヒンジが上手にできない人向けに「壁」を使った練習方法をご紹介する。

»» ヒップヒンジを正しいやり方で習得してパフォーマンスアップ!腰痛・膝痛の予防にも効果的!

ヒップヒンジを正しいやり方で習得してパフォーマンスアップ!腰痛・膝痛の予防にも効果的!今回の記事では、ヒップヒンジを正しいやり方で習得してパフォーマンスアップ!腰痛・膝痛の予防にも効果的!というテーマでお伝えしていく。ヒッ...

練習方法①ウォールタップ・ヒップヒンジ

スタート姿勢
ヒップヒンジ
ヒップヒンジ|立位での正しいやり方
  1. 足は腰幅に揃えて立つ(壁に背を向けて立つとやりやすい)
  2. 両腕は胸の前で組むか腰にそえる
  3. 上半身は真っ直ぐのまま、お尻を後ろに引く(膝は軽く曲げるだけでOK)

練習方法②ウォールタップ・ハンドサポート・ヒップヒンジ

上記のように両手を股関節のつけ根(関節の曲がる部分)に当てて実施する方法もおすすめ

手順は以上だが、上記の動画や文章だけで完璧に習得できる人はなかなかいないはずだ。ヒップヒンジを正しい動きで習得するために3つのポイントを押さえることをおすすめする。

ヒップヒンジ|実践時のPOINT
  1. 壁に背を向けている場合:お尻で壁をタップするイメージで動かす
  2. 頭からお尻まで一直線の姿勢をキープする
  3. 上下運動ではなく「前後運動」としてイメージする

あとは、両手を股関節の曲がる部分(関節のところ)にあてて、股関節で両手を挟むように実践するのも良いフォームで実践する上でのポイントとなる。

「ヒップヒンジ」の種類

①四つ這い・ヒップヒンジ|Hip Hinge 4pt

②ニーリング・ヒップヒンジ|Hip Hinge Kneeling

③ハーフニーリング・ヒップヒンジ|Hip Hinge –Half Kneeling

④ヒップヒンジ|Hip Hinge

⑤ウォールタップ・ヒップヒンジ|WallTap –Hip Hinge

⑥ウォールタップ・ハンドサポート・ヒップヒンジ|WallTap –Hip Hinge Hand Support

⑦ウォールタップ・スタガード・ヒップヒンジ|WallTap –Staggered Hip Hinge

 

»» ヒップヒンジを正しいやり方で習得してパフォーマンスアップ!腰痛・膝痛の予防にも効果的!

ヒップヒンジを正しいやり方で習得してパフォーマンスアップ!腰痛・膝痛の予防にも効果的!今回の記事では、ヒップヒンジを正しいやり方で習得してパフォーマンスアップ!腰痛・膝痛の予防にも効果的!というテーマでお伝えしていく。ヒッ...
ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事