ストレッチ動画

椅子に座って背骨コンディショニング|シッティング・キャットキャメル|正しい実践方法とポイント解説

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している B-LEAD の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

 

椅子に座って背骨コンディショニング|シッティング・キャットキャメル|正しい実践方法とポイント解説

シッティング・キャットキャメル|Sitting Catcamel|実践動画

正しい実践方法

  1. 椅子に座り足を腰幅くらいにセットする(つま先は正面に向ける)
  2. 息を吐きながら 骨盤を後ろに傾けて腰・背中を丸める
  3. 息を吸いながら 骨盤を立てて軽く胸を張る
  4. ②と③の動きを繰り返して実践する

 

実践時のポイント・注意事項

  • 骨盤と背骨(脊柱)は連動させて しなやかに動かすイメージ
  • 全身をリラックスさせた状態で実践

肩や首・腰周りに力が入り過ぎないように注意しましょうー!

 

回数・セット数・頻度|実施目安

10〜15回・1〜2セット・1日1〜3 を目安に実施

 

シッティング・キャットキャメルで期待できる効果

  1. 脊柱の屈曲・伸展の可動性向上・改善
  2. 骨盤の前傾・後傾の可動性向上・改善

脊柱と骨盤の動きを高めることで腰・背中周辺に位置する筋肉をストレッチさせることができ、骨盤・背骨の柔軟性が高まることでケガの予防にも繋げていくことができます。

 

シッティング・キャットキャメルはどんな人におすすめ?

  • 骨盤と背骨の動き(柔軟性)を高めたい人
  • デスクワークが長時間続くお仕事をされている人
  • 腰痛や肩コリなどを予防したい人

普段からデスクワークが多い人は腰・背骨も丸くなりやすいため、このエクササイズは特におすすめです。

高齢者の方や運動不足、運動初心者の方でも手軽に安全に取り組めるエクササイズです。

 

この記事のまとめ&最後に

今回の記事では、椅子に座って背骨コンディショニング「シッティング・キャットキャメル」の正しい実践方法とポイント解説などをまとめて解説していきました。

シッティング・キャットキャメルに慣れてきたら、四つ這い姿勢でのキャットキャメルも合わせて実践してみて下さい。

 

ぜひ今回の「シッティング・キャットキャメル」をひとつの参考にして頂き、ご自身のカラダの状態や目的・各シチュエーションに合わせて実践してもらえたらと思います。

 

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
 当ブログではトレーニングやストレッチ、コンディションを整えるための情報、読者のカラダや健康に有益な知識をどんどん配信しています。またYouTubeでは目的別や筋肉ごとのトレーニングやストレッチ動画を解説付きでまとめて配信しています。(@taishi_fujimoto

 

»» YouTubeチャンネル【カラダを整える部屋】登録者数1,800人突破

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事