ストレッチ動画

胸椎・背骨の動きを高めるストレッチング・モビリティエクササイズ 11種

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している B-LEAD の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

 

胸椎・背骨の動きを高めるストレッチング・モビリティエクササイズ 11種

今回の記事では、背骨(以下、脊柱)と胸椎の動きを高めるストレッチング・モビリティエクササイズを11種ご紹介していきます。

脊柱は、腰椎5個・胸椎12個・頚椎7個と計24個の骨で構成されています。腰椎の下には仙骨と尾骨が位置していて骨盤を構成しています。

そして、胸椎は一つひとつの椎体に肋骨が繋がっていて胸郭を形成しています。

 

脊柱の生理的な彎曲は、カラダに加わる外力(衝撃)を吸収するために大切な役割を担っています。そのため、生理的な彎曲を失うと腰痛や肩コリなどの障害の原因に繋がってしまいます。

さらに生理的な彎曲を失うと柔軟性も低下しやすく、脊柱の柔軟性や可動性が低下すると、さらにケガや障害も起こりやすくなります。

 

胸郭の関節可動域・可動性もパフォーマンスアップやケガを予防するために大切な役割を担っています。

 

今回ご紹介する11種類のストレッチング・モビリティエクササイズを参考にして頂き、脊柱や胸郭の機能を高め、みなさんのカラダ作りに役立ててもらえたらと思っています。

 

1.キャットキャメル|Cat Camel

 

2.プローン・トランク・ローテーション|Prone Trunk Rotation

 

3.ハイパーエクステンション|Hyper Extension

 

4.シッティング・チェストオープン|Sitting Chest Open

 

5.コブラ|Cobra

 

6.ハーフニーリング・チェストオープナー|HalfKneering Chest Opener

 

7.プレッツェル1.0|Pretzel1.0

 

8.プレッツェル2.0|Pretzel2.0

 

9.サイドライイング・チェストオープナー|Side Lying Chest Opener

 

10.サイドライイング・ショルダースイープ|Side Lying Shoulder Sweep

 

11.ワールドグレイテストストレッチ|Worldglaytest Stretch /Back ver.

 

この記事のまとめ&最後に

今回の記事では、背骨(脊柱)と胸椎の動きを高めるストレッチング・モビリティエクササイズを11種ご紹介させて頂きました。脊柱と胸椎は、パフォーマンス向上や障害予防に対する一つの要素として大切な役割を担っています。

 

今回ご紹介した種目をひとつの参考にしてもらい、みなさんのカラダ作りに活かしてもらえたら嬉しいです。

 

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
 当ブログではトレーニングやストレッチ、コンディションを整えるための情報、読者のカラダや健康に有益な知識をどんどん配信しています。またYouTubeでは目的別や筋肉ごとのトレーニングやストレッチ動画を解説付きでまとめて配信しています。(@taishi_fujimoto

 

»» YouTubeチャンネル【カラダを整える部屋】登録者数1,700人突破

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事