公式ホームページをみる!
ダイエット/ボディメイク

【美尻美脚】足痩せに効果的なケトルベルを使ったトレーニング5種

藤元大詩/Taishi Fujimoto

今回の記事では、足痩せに効果的なケトルベルを使ったトレーニングというテーマで解説します!

Check List

当てはまる方におすすめ

 家トレで本格的なトレーニングをしたい

 足を細くして美尻をつくりたい

 垂れ下がったお尻をヒップアップしたい

 狭いスペースでできるトレーニングを知りたい

 腰・ひざの痛みを予防する種目を知りたい

実際の指導現場でもお伝えしている内容(有料サービス)も含んでいますので、ケトルベルでのトレーニング法を知りたい!上記の内容に当てはまる方はぜひ最後までご覧ください!

美脚・美尻の基本!足痩せを目指す人は〇〇筋を鍛えろ!

美尻・美脚の基本です。足を細くさせたい人はお尻の筋肉を鍛えることが大切です。

なぜお尻を鍛えることが大切なのか?

すごく簡単に説明すると、お尻が使えていないと、その分の負担が「太もも」にかかってしまうから。太ももが太くなってしまう人は、太ももの筋肉(とくに前モモ)が頑張りすぎてしまっているケースが多いです。

トレーニングでお尻を中心に足トレする目的は大きく分けて2つ!

パーソナルトレーナー藤元
パーソナルトレーナー藤元

1つ目は股関節まわりの筋肉のバランスを整えるため、先述したように太ももの前ばかりに負担をかけないように!

日常生活動作の中でもお尻を使える状態になれたら最高です!

次に2つ目はヒップアップです!美尻をつくるためには垂れ下がったお尻を上げることが大切です!

今回の記事では「ケトルベル」を使ったトレーニングを紹介!

動画内で使っているケトルベルです!

重さの目安は一般男性の方では6〜8kg以上を目安に、一般女性の方では4kg以上から目安にすると良いかなと思います!

パーソナルトレーナー藤元
パーソナルトレーナー藤元

私自身のトレーニングでも使用してるケトルベルです!このネオプレーン素材のケトルベルは、床が傷つきにくいので家で始めたい方にもおすすめしています!

太ももの前側・外ももが硬くなっている人はまずはコレ!

お尻を鍛える前に!トレーニングを実践する前に!

太ももの前側・外ももの筋肉が硬くなりすぎていると、効率よくトレーニングを実践することができません。。。

足痩せさせるどころか、逆に太ももが太くなってしまうこともあるかもしれません。

太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)セルフ筋膜リリース

太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)セルフ筋膜リリース

太ももの外側の筋肉(大腿筋膜張筋)セルフ筋膜リリース

太ももの外側の筋肉(大腿筋膜張筋)セルフ筋膜リリース

あわせて読みたい
【超優秀トレーニング器具】ケトルベルを使った下半身トレーニング7選|股関節を鍛えたいならこれ!
【超優秀トレーニング器具】ケトルベルを使った下半身トレーニング7選|股関節を鍛えたいならこれ!

【美尻美脚】足痩せに効果的なケトルベルを使ったトレーニング5種

ケトルベル ワイドスクワット

ケトルベル ゴブレット リバースランジ

ケトルベル シングルレッグ ルーマニアンデッドリフト

ケトルベル ルーマニアンデッドリフト

ケトルベルスイング

今回の動画内で使った「ケトルベル」はこちら

ケトルベルはひとつあれば、下半身のトレーニングをはじめ、上半身・体幹といった全身のトレーニングに使用することができます!

重さの目安は一般男性の方では6〜8kg以上を目安に、一般女性の方では4kg以上から目安にすると良いかなと思います!

ひとつのケトルベルで重さを自由に調整できるタイプも!

ケトルベルを使って美尻・美脚を手に入れる!

ケトルベルは狭いスペースでも気軽に使えるトレーニング器具で、今回ご紹介した下半身トレーニングから上半身と全身を鍛えることができます。

パーソナルトレーナー藤元
パーソナルトレーナー藤元

足を引き締めるためのトレーニングを実施する際、一般的なダンベルやバーベルをはじめに使うよりも、ケトルベルの方がより安定した正しいフォームで実践しやすいです!

手で握るときフィットして持ちやすいといった利点がありますので、ぜひみなさんにも体感してもらえたら嬉しいです。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Facebookでのコメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
藤元大詩/FUJIMOTO TAISHI
藤元大詩/FUJIMOTO TAISHI
B−LEAD代表パーソナルトレーナー/講師
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
記事URLをコピーしました