ダイエット/ボディメイク

プロテインを飲む最適な3つのタイミング

大阪でフリーランスパーソナルトレーナーとして活動している藤元大詩(ふじもん)です!(@taishi_fujimoto)

 

今回の記事では「最適なプロテインの飲む(摂取)タイミング」についてお伝えしていきたいと思います!

 

皆さんはプロテインをどのタイミングで飲むことがベストだと思いますか?

 

トレーニング後 や 睡眠前、朝食時などプロテインを摂取できるタイミングは日常的にたくさんあると思います。

 

 

結論からお伝えすると・・・

 

一番理想的な摂取タイミングは運動後就寝前です。

 

その他にも間食、食事の前などのタイミングも目的や環境に合わせて使い分けていくことも考えていくことが必要です。

 

プロテインの摂取タイミングは、ダイエットやボディメイク、身体作りにおいてトレーニングの効果を最大限に引き出すための要素となるため重要といえます。

今回の記事では、最適なプロテインの摂取するタイミングとその理由についてお伝えしていきたいと思います。

プロテインを飲む最適な3つのタイミング

成長ホルモンが分泌しているタイミング

おすすめする理由の一つで「成長ホルモンが分泌」しているタイミングが関係しています。

 

成長ホルモンが分泌している時の身体の反応

  1. 筋肉の成長促進(たんぱく質の吸収サポート)
  2. 骨密度増加による骨粗鬆症の予防
  3. 生殖機能の維持
  4. 免疫機能の維持
  5. 記憶力の向上、認知症の予防

 

このように成長ホルモンが分泌している時は、筋肉の成長を促進するたんぱく質の吸収をサポートする働きがあるため、プロテインを摂取するタイミングのポイントになります!

 

その成長ホルモンが多く分泌されるタイミング運動後睡眠中の2つの時間です。

 

①運動後30分以内

運動後の30分以内はゴールデンタイムといわれています。

 

このトレーニング後のタイミングに成長ホルモンが分泌されています!

 

翌日に筋肉痛が残るくらいの負荷が高めのトレーニングでは、筋繊維が破壊されているため栄養を補給して筋力アップや筋量増加につなげる必要があります。

トレーニング後30分以内の時間により身体は栄養を吸収する状態になります。

 

ダイエットやボディメイクにおいて最大限の効果を得たいと思うならトレーニング後のプロテインの摂取がおすすめです♪

 

きついトレーニングをしていても栄養や食事をおろそかにしていては効果を感じることができません…トレーニングに費やした時間も勿体無いですよね。

 

②就寝30分〜1時間前

人は寝ている時にも成長ホルモンが分泌されています。

寝たあとの30分〜1時間後に最も多く分泌されるといわれています。

 

このタイミングに合わせて寝る30分〜1時間前を目安に摂取することが理想的です!

 

消化・吸収の関係も考えると遅くても寝る30分前には摂取することがおすすめです♪

 

成長ホルモンの分泌は、睡眠時間の長さではなく、睡眠の質を高めることに影響されやすく、睡眠の質を高めることで成長ホルモンも多く分泌されるといわれています。

 

③朝食・間食時

 

朝食や間食時は、成長ホルモンの分泌は関係のないタイミングです。

 

先述した通りプロテインを摂取する理想的なタイミングは、成長ホルモンの分泌がされる①運動後②就寝前の2つです。

基本的に1日の栄養バランスは、3食の食事メニューを軸としてカラダづくりの効果を最大限に引き出すために運動後や就寝前の2つのタイミングでプロテインを摂取します。

 

朝食や間食時のプロテインは以下のような方におすすめです♪

  1. ダイエットやボディメイクを効率的にすすめていきたい方
  2. 仕事や家事などで忙しくてゆっくりとした食事の時間を確保できない
  3. 間食で甘いものやお菓子を食べることが習慣化されている方
  4. 朝ご飯をしっかりと食べられない方
  5. 朝食から昼食、昼食から夕食までの時間が空きすぎる方

 

ダイエットやボディメイクなどのカラダ作りに取り組んでいると仕事や生活環境の影響から食事や栄養のバランス・リズムが乱れてしまい上手くいかないことも少なくありません。

 

朝・昼・夜の3食の栄養バランスが整っていれば、とても理想的ですがカラダ作りをしている一般の方でPFCバランスや摂取タイミングを完璧にすることはなかなか難しいと思います。

 

それこそダイエットやボディメイクで効果を実感して長期的に身体作りすすめていくことを考えると急な上司からのご飯のお誘いやお付き合い、家族との大切な食事の時間、時期によっては忘年会や新年会シーズンで飲み食べが少し増えてしまったりなど…

 

皆それぞれ身体作りに対しての障害物はたくさんあると思います。

障害物が悪いと言っている訳ではありません。

その障害物と上手く向き合い、必要に応じて朝食や間食時のタイミングにプロテインを摂取することが大切と感じています。

 

最後に

今回は、最適なプロテインの摂取するタイミングとその理由についてお伝えさせていただきました。

同じたんぱく質の栄養素でも摂取タイミングによって吸収のされ方に差が生まれます。

皆さんもダイエットやボディメイク時の運動の効果を引き出すためにも摂取するタイミングを意識してみてくださいね♪

 

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。