姿勢の歪み・悩み

「あぐら」できない本当の原因と解決方法|ストレッチ5種の実践ポイント解説

「あぐら」できない本当の原因と解決方法|ストレッチ5種の実践ポイント解説

まずはYouTube動画ご視聴下さい

「あぐら」できない本当の原因

「あぐら」ができない人は、股関節の動きが悪くなってることが多い。股関節の動きの中でも、曲げる動き(屈曲)と開く動き(外転)、外側に捻る動き(外旋)が硬くなっていると「あぐら」ができなくなってしまう。

それぞれの動きに関わる筋肉(筋肉が伸びている状態)は、下記の通りで、これらの筋肉が硬くなっていることで関連する動きが悪くなってしまうことが多い。

股関節の動きに関わる筋肉
  • 股関節を曲げる動き(屈曲):ハムストリングス、大殿筋
  • 股関節をひらく動き(外転):内転筋群
  • 股関節を外側に捻る動き(外旋):殿筋群、梨状筋

「あぐら」をかけない根本的な原因は、ほとんどの場合、股関節であることは間違いない。

どの種類の筋肉が硬くなっていて、どの方向の関節の動きが悪くなっているかについては、人ぞれぞれ違いがある。自分自身が「なぜ?」あぐらをかけないかを分析して原因を見極めることが大切。

上記で挙げた筋肉は、それぞれの動きに対して伸張(筋が伸びている)する状態となる。そのため、これらの関連する筋肉が緊張・硬くなると、関節の動きが制限されてしまう。

B-LEAD代表 藤元 大詩
B-LEAD代表 藤元 大詩
今回の動画では、今説明した問題を解決するためのストレッチ・エクササイズを5種目に厳選してプログラム構成しています(^^)

筋肉が「ガチガチ」に硬くなっている人は…

「ストレッチしても筋肉が伸びない…」「硬くて同じように実践できない…」という人は、まず筋肉を緩めることが必要となる。

一人でも実践することができる筋肉を緩める方法としては、セルフケア用品を使用した「セルフ筋膜リリース」「セルフマッサージ」がおすすめ。

股関節周りの筋肉を緩める方法は、下記の動画でご紹介しているのでぜひCHECKして実践してもらいたい。

TRIGGERPOINT|グリッド フォームローラー

グリッドフォームローラーを使用して運動前、運動後に筋膜リリースすることで、筋膜のスムースな稼働、血行を良くする、関節の可動域を広げ、柔軟性の向上など、あなたの身体が持つ本来のパフォーマンスを発揮するのに役立ちます。

»» フォームローラーをやってはいけない人・必ず抑えておくべき3つの注意点|ポイント解説

opove M3 Pro トータルボディケア(マッサージガン)

バッテリー交換可能 充電式 6種類アタッチメント 一年間メーカー保証。機能性・使いやすさにこだわりを極めた製品なので、プロやアスリートにも愛用されています。

»» おすすめ記事|噂の「マッサージガン」。何がいい? どう使う?

「あぐら」できない本当の原因と解決方法|ストレッチ5種の実践ポイント解説

この動画のプログラム
  • 0:27 ①ハムストリングスストレッチ(10回)
  • 2:57 ②プレッツェル2.0+リーチング(7回)
  • 4:28 ③殿筋群アクティブストレッチ(15回)
  • 5:47 ④ウォール・開脚ストレッチ(20秒)
  • 6:22 ⑤カエル・ストレッチ(20回)
ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事