トレーニング動画

【肩甲骨】フロアW・T・Yの効率的な実践方法とポイント

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している B-LEAD の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

肩甲骨|フロアW・T・Yの効率的な実践方法

今回の記事では「フロアW・T・Y」の効率的な実践方法と抑えてほしいポイントを解説します。

(実践動画)フロアW|Floor W

(実践動画)フロアT|Floor T

(実践動画)フロアY|Floor Y

実践時のポイント・注意点
  • おでこ(額)の下に枕をセットして軽く顎を引く
  • 息を吐きながら 両腕を上に持ち上げる(親指は上向き)
  • 肩甲骨を内側に寄せるイメージで動かす
  • 首に力が入り過ぎないように注意する

実施頻度の目安:10〜15回 × 2〜3セット

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
今回の記事の内容をひとつの参考に、肩甲骨の動きを高め、背筋群をアクティベーション(活性化)させて高いパフォーマンスへと繋げてもらえたらと思います!

肩甲骨の動きを高めて、背筋群を活性化させるエクササイズはこちらの記事でも紹介しているので是非チェックしてみて下さいね(^^)!!

もし何かわからないことがあれば、当サイトのお問い合わせページや公式LINEから気軽にご相談下さいー!それではまた次回の記事で(^^)!!

»» 臀筋群・背筋群周辺アクティベーションエクササイズ 14種

臀筋群・背筋群周辺アクティベーションエクササイズ 14種 臀筋群・背筋群周辺アクティベーションエクササイズ 14種 今回の記事では、臀筋群と背筋群を活性化させるためのアクティベーションエク...
ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事