スポーツ選手|アスリート

最初にやるべき体幹トレーニング5種目!スポーツ選手・アスリート向け

B-LEAD代表 藤元 大詩
B-LEAD代表 藤元 大詩
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している B-LEAD の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

 

最初にやるべき体幹トレーニング5種目!スポーツ選手・アスリート向け

この動画の目次|クリックで閲覧可能
  • 0:00​​​​ オープニング|目次
  • 2:06​​ ①デッドバグ|18回
  • 2:58​​​​ ②バード&ドッグ|15回
  • 4:30​​​ ③プランク・ショルダータッチ|15回
  • 6:40​​​​ ④サイドブリッジ+アブダクション|15回
  • 7:32​​​​ ⑤プランク・ローテーション|15回
  • 8:15 おまけ|プランク+ボールリアクション|20回

 

今回の動画では、スポーツ選手・アスリート向けに体幹トレーニング5種を実践・解説していきました。 どの競技においても 体幹部は大切な役割を果たす機能の一つです。

スポーツ競技においては、動きの中で体幹部を安定させたり、体幹部を安定させながら腕や肩、足を動かしたりすることが求められることがほとんどです。じーっと同じ姿勢で止まった状態が続くことはほとんどありません。

 

①デッドバグ|Deadbug

 

②バード&ドッグ|Bird&Dog

 

 

③プランク・ショルダータッチ|Plank ShoulderTouch

 

④サイドブリッジ・ヒップアブダクション|Side Bridge Hip Abduction

 

⑤プランク・ローテーション|Plank Rotation

 

 

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
 当ブログではトレーニングやストレッチ、コンディションを整えるための情報、読者のカラダや健康に有益な知識をどんどん配信しています。またYouTubeでは目的別や筋肉ごとのトレーニングやストレッチ動画を解説付きでまとめて配信しています。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました!!また次回の記事・YouTubeで会いましょうー!(@taishi_fujimoto

 

»» YouTubeチャンネル【カラダを整える部屋】登録者数1,700人突破

»» YouTubeチャンネル【JSPO-AT.S&Cコーチ / FUJIMOTO TAISHI】

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事