トレーニング

【 ヒップアップ・走動作向上 】タッチダウンスクワットの効果と正しいフォーム

藤元大詩/Taishi Fujimoto

 

[chat face="IMG_1905.jpg" name="BODY PARTNARS代表 藤元 大詩" align="left" border="gray" bg="none" style="maru" ] 関西|大阪を中心にフリーランスパーソナルトレーナーとして活動している BODY PARTNARS の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto) [/chat]

 

 

今回は、ヒップアップを目標としてトレーニングをしている方やランナーの中で実践されることが多い種目の「タッチダウンスクワット」の効果・正しいフォームについてお伝えしていきます!!

 

 

[box04 title="クラムシェルはどんな人たちにおすすめ?"]

  1. ヒップアップ・お尻を引き締めたい人
  2. マラソンやランニングの記録を伸ばしたい人

[/box04]

 

上記2つの目的の方をはじめ、さまざまな目的の方に実践して頂きたいエクササイズです!

 

すでに膝や腰に痛みを抱えていたり、歩く時や立ち座りだけで痛みが出るというは、控えてください。

整形外科にいるドクターやジムにいるトレーナーに一度ご相談することをおすすめします。

タッチダウンスクワット の実践動画

まずは実践動画からご覧ください♪

 

鍛えられる部位・筋肉

タッチダウンスクワットでは、主に脚全体の筋肉の大腿四頭筋や臀筋群を使います!!脚全体の筋力向上や片脚でのバランス感覚向上に有効なトレーニングです!

 

普通の両足で行うスクワットとは違って、片脚支持でカラダ全体をコントロールする能力が必要なエクササイズです!その分片脚にかかる負荷も大きくなってきます!

 

[chat face="IMG_1905.jpg" name="BODY PARTNARS代表 藤元 大詩" align="left" border="gray" bg="none" style="maru" ] 階段の上り下りや坂道などの日常生活動作場面でも応用をすることができるのでヒップアップやお尻の引き締めをしたい方にピッタリな種目です! [/chat]

 

期待できる効果(こんな人たちにやってもらいたい♪)

タッチダウンスクワットは以下のような悩みや目的を持った人たちに実践してもらいたいエクササイズでさまざまな効果が期待できます♪

 

  1. お尻の引き締め・ヒップアップ
  2. 走動作のパフォーマンス向上でマラソンの記録を伸ばしたい人
  3. 股関節・臀筋(お尻の筋肉)を使えるカラダ作り
  4. スポーツのパフォーマンスを向上させたい人

 

https://fujimototaishi.com/2019/09/01/crumbshell-45-90/

タッチダウンスクワット

①開始姿勢|ステップ台の上に足を乗せ少し前傾のポジションに

②終了姿勢|立ち上がる(背筋はまっすぐ)

 

[chat face="IMG_1905.jpg" name="BODY PARTNARS代表 藤元 大詩" align="left" border="gray" bg="none" style="maru" ] 股関節を使って立ち上がる時は力強く!戻す時はゆっくりと意識! [/chat]

 

最初は10回×2セットずつくらいを目安にチャレンジしてみてくださいね!!

 

慣れてきたら回数を増やしていったり、スッテプ台を高くしたり、高さをダンベルを持ったりとフォームが崩れない程度に負荷を上げていきましょう♪

 

YouTubeのチャンネル登録お願いします♪

[chat face="IMG_1905.jpg" name="BODY PARTNARS代表 藤元 大詩" align="left" border="gray" bg="none" style="maru" ] YouTubeでは目的別に自宅でもできるエクササイズを中心に動画を配信しています! [/chat]

チャンネル登録していただけると嬉しいです♪

ABOUT ME
藤元大詩/FUJIMOTO TAISHI
藤元大詩/FUJIMOTO TAISHI
B−LEAD代表パーソナルトレーナー/講師
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました