お尻

臀筋群アクティベーション|クラムシェル(45度)の効果と正しいフォーム

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している B-LEAD の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

 

クラムシェル|正しい実践方法|ポイント

クラムシェル の正しい実践方法

今回は臀筋群を強化・活性化させる種目「クラムシェル」をご紹介します。下の画像のように横向きに寝転んだ姿勢で実践していきます。

ミニバンド・チューブを持っている人は「膝上」に巻いて負荷をプラスして実践しましょう!

正しい実践方法の手順
  1. 横向き姿勢になり 股関節45°・両膝を90°に曲げる
  2. 上に位置する膝を開く
  3. ゆっくりと元の位置に戻す ②⇔③の動作を繰り返す

 

クラムシェル45° 実践時のポイント
  1. 骨盤と上半身は開かないようにする
  2. 腰は反らないようにする(軽くお腹に力を入れる)

 

クラムシェル45°|実践動画

動画をみながら正しいフォームで繰り返し実践してみて下さい!

 

 

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
 当ブログではトレーニングやストレッチ、コンディションを整えるための情報、読者のカラダや健康に有益な知識をどんどん配信しています。またYouTubeでは目的別や筋肉ごとのトレーニングやストレッチ動画を解説付きでまとめて配信しています。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました!!また次回の記事・YouTubeで会いましょうー!(@taishi_fujimoto

 

»» YouTubeチャンネル【カラダを整える部屋】登録者数1,700人突破

»» YouTubeチャンネル【JSPO-AT.S&Cコーチ / FUJIMOTO TAISHI】

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事