筋トレ・エクササイズ

腰痛予防エクササイズ ① ドローイン

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
関西|大阪を中心にフリーランスパーソナルトレーナーとして活動している BODY PARTNARS の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

 

前回の記事でお伝えさせていただきました

「腰痛の予防方法」について

https://fujimototaishi.com/waist-pain

今回は、腰痛をトレーニング(運動療法)で予防する方法についてご紹介していきます。

腰痛予防エクササイズ

腰痛予防のためのエクササイズの中でも重要性の高い種目だといえます。

ドローインというエクササイズは、お腹の中にある圧力(腹腔内圧)を高めるためのエクササイズです。

腹腔内圧が低い

インナーマッスルが働きにくいため、体幹が不安定になりやすい

腰痛をお持ちの方の大半は腹圧が弱いかと、、、

腹腔内圧が高い

体幹が安定して動作の効率もUPする。脊柱や肋骨の動きもスムーズに

日常生活中や運動中に腹圧が高い状態にあると体幹の安定性が向上するだけでなく、カラダ全体の動きが良くなったりと良いコトづくしです!

また、呼吸法は自律神経を整えることにも効果的です。

ドローイン

ドローインのやり方
  1. 上向きに寝転ぶ(膝90度)
  2. お腹の下方に両手をあてる(骨盤の横くらい)
  3. 鼻から息を吸う(お腹が膨らむ)
  4. 口から息を吐く(お腹が凹む)
  5. ③と④を繰り返しおこなう

 

寝転ぶスペースがあれば、どこでも実践可能なエクササイズなので是非実践してみてください♪

吸う時、吐く時の“秒数”を長くすることを意識してみましょう

 

最初は5秒ずつくらいがおすすめです。

 

また、段階的にいろんな姿勢(四つ這いや立位、片足立ちなど)で実践していきます。

 

効果があるかわからないくらいに地味なトレーニングですが、とても大切なカラダの機能を引き出してくれるので運動前やトレーニング前にも是非取り入れてみてください!

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。