身体を変えるために必要な考え方

身体を変えるために身につけたいマインドセット(4つ)

身体を変えるために身につけたいマインドセット

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している B-LEAD の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

今回の記事では、身体を変えるために身につけたいマインドセットというテーマで運動やスポーツをされている方であれば、必ず押さえておきたいことについて解説します。

ダイエットやボディメイク、姿勢改善する方でも、ケガや不調を治す・予防する方でも、どのような目的の方でも当てはまる内容になるので是非最後までご覧下さいね!

身体を変えるために身につけたい4つのマインドセット
  1. 「目標は必ず達成させる!」という強い意志をもつ
  2. 少しの失敗で折れない心・思考をもつ
  3. 目標に対して逆算して"今"やるべき事を考える
  4. 今の現状(カラダの見た目や内面)と向き合う意思をもつ

以上の4つです。目標を達成するためにはとても大切なことです。一つ一つ解説していきます。

マインドセット(Mindset)とは?

これまでの経験や教育、先入観から作られる思考パターン、固定化された考え方のことです。簡単にいうと「無意識の思考のクセ・思い込み」です。

マインドセットは「成長型」と「固定型」の2種類に大別されます。

成長マインドセット(グロースマインドセット)は「自分の能力は努力次第で成長させることができる」という考え方であり、固定マインドセット(フィックストマインドセット)とは「能力はもともと決められており変わらない」という考え方です。

出典・引用:組織づくりベース|成果に大きく影響する「マインドセット」とは?

①「目標は必ず達成させる!」という強い意志をもつ

まず一つ目に心得ておきたいことは「目標は必ず達成させる!」という強い意志・想いを抱くことです。目標を達成するまでは、毎日忘れず考え続けてほしいです。

意志・想いは「行動」に現れる!
意志・想いは強ければ強いほど、行動にも現れやすくブレにくくなる。

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
この目標は「何があっても達成する!」という強い意志・想いは大きな原動力となり、日々考え続けることで成果に繋げていくことができます。 

»» 運動初心者向け|トレーニングの目標設定はSMART(スマート)に

運動初心者向け|トレーニングの目標設定はSMART(スマート)に トレーニングの目標設定はSMART(スマート)に 今回の記事では、トレーニングの目標設定はSMART(スマート)に...

②少しの失敗で折れない心・思考をもつ

次に2つ目に心得ておきたいことは「少しの失敗で折れない心・思考をもつ」ことです。今よりも身体を良い方向へと変えていくためには、現状を打破していく、または変化することが求められます。

数週間程度と比較的短い期間で目標を達成できる人もいれば、現状の身体の状態や目標の高さによっては2〜3年かかる場合もあります。目標を達成するまでに失敗はつきものです。一度の失敗で諦めてしまうようでは、絶対に目標を達成することはできません。

失敗しても新たなルート・道を見つけ出そう!
「〇〇をやっていても身体が変わらない…」と悩んで立ち止まっていても何も起こりません。振り返ることも大切ですが、落ち込んだらすぐに切り替えて、現状を見つめ直して次のステップ・道に進んでいきましょう!

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
成功する人は常に「これから」何をすべきかを考えることができます。勉強でも仕事でもトレーニングでも同じです。 

終わったことに対して愚痴・文句を言っていても前に進めることはできません。

③目標に対して逆算して"今"やるべき事を考える

次に3つ目に心得ておきたいことは「目標に対して逆算して"今"やるべき事を考える」ことです。目標を達成させるためには、今の行動を変えないといけません。何をすべきかわからない人は、目標から逆算すると"今"やるべきことも明確になっていきます。

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
「①目標」を決めること「②現状の状況」を把握することが効率性を高めることに繋がります。目標とする身体に対して現状足りていない所、改善すべき所を洗い出し、リスト化していきましょう。 

目標に対して逆算する考え方を身につける!
現状把握(姿勢の歪み、体重、体脂肪率…etc)→ 何をすれば目標に近づくことができる? → 目標とする身体

「何をするか」は一番最後です。まずは現状把握と目標設定を明確にしよう!

④今の現状(カラダの見た目や内面)と向き合う意思をもつ

ラスト4つ目は「今の現状と向き合う意思をもつ」ことです。これまでお伝えした部分、とくに「①目標は必ず達成させる!という強い意志をもつ」に繋がっている要素で最も大切な心得と言えるかなと思います。

今の身体の状態、自分自身と向き合えない人に目標は達成できません。たとえ達成できたとしても元の状態にリバウンドしてしまう可能性が高いです。

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
日々、自分自身(カラダの見た目や内面)と向き合うこと、常に自主性・主体性を持って行動することが大切です。自分自身と向き合えていない人は、失敗を周りの人・環境のせいにしたり…言動と行動が伴っていない場合が多いです。。 

現状把握を繰り返そう!自分自身と向き合って行動していこう!
現状把握は最初だけではありません。日々、環境や状況は変化していくので身体も状態の変化に応じて行動を変えていかないといけません。

この記事のまとめ&最後に

今回の記事では、身体を変えるために身につけたい4つのマインドセットについて解説していきました。

身体を変えるために身につけたい4つのマインドセット
  1. 「目標は必ず達成させる!」という強い意志をもつ
  2. 少しの失敗で折れない心・思考をもつ
  3. 目標に対して逆算して"今"やるべき事を考える
  4. 今の現状(カラダの見た目や内面)と向き合う意思をもつ

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
目標・夢を叶えられるかは、日々の行動の積み重ね次第です。今の身体の状態は過去の行動の積み重ねの結果。数年後のカラダの状態は、今の行動の積み重ねの結果。

本気で目標を叶えたい人は、今回の記事の内容を是非ひとつの参考にしてみて下さい。当サイトでは、他にもトレーニングやストレッチング、姿勢の悩み、ケガの悩みに対する役立つ記事をたくさんUPしています。お時間ある方は是非ほかの記事もチェックしてみて下さい。それではまた(^^)!!

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事