野球

野球選手にやってもらいたい胸椎モビリティエクササイズ5種

B-LEAD代表 藤元 大詩
B-LEAD代表 藤元 大詩
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している B-LEAD の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

野球選手にやってもらいたい胸椎モビリティエクササイズ 5種

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
今回の記事では、野球に必要な胸椎のモビリティエクササイズを5種目ご紹介します。胸椎の動きを高めると肩や腰のケガの予防につながり、パフォーマンスアップも期待できます。動画をみながら正しいフォームで一緒にやってみて下さいね! 

01.プローン・トランク・ローテーション|Prone Trunk Rotation

正しいフォーム・実施方法
  1. 両腕を横に伸ばして うつ伏せ姿勢になる
  2. 膝を90°に曲げて左右交互に足を床に近づける
注意点・ポイント解説
  • 床から肩が離れないように意識する
  • リラックスした状態で動きを繰り返す

02.サイドライイング・ショルダースイープ|Side Lying Shoulder Sweep

正しいフォーム・実施方法
  1. 両腕を横に伸ばして うつ伏せ姿勢になる
  2. 膝を90°に曲げて左右交互に足を床に近づける
注意点・ポイント解説
  • 床から肩が離れないように意識する
  • リラックスした状態で動きを繰り返す

03.シッティング・チェストオープン|Sitting Chest Open

正しいフォーム・実施方法
  1. 四つ這い姿勢から お尻を踵につける
  2. 片手を頭の後ろに当てた状態から胸を開く
  3. 胸を閉じる ②⇔③の動きを繰り返す
注意点・ポイント解説
  • 支えている側の肘は伸ばしたまま実践
  • 息を吐きながら胸を開き 目線は天井をみる
  • 肩・首に力が入り過ぎないように注意する

04.ハーフニーリング・チェストオープナー|HalfKneering Chest Opener

正しいフォーム・実施方法
  1. 片膝立ち姿勢になる
  2. 足が動かないように膝を反対側の手で抑える
  3. 体重を前方に移動させながら 手を後ろ側へ伸ばす(胸を開く)
  4. 元の位置に戻して同じ動きを繰り返す
注意点・ポイント解説
  • 膝の下にはマット(もしくはタオルなど)を敷く
  • 胸を開いた時に目線も後ろ側を見る
  • 肩・首に力が入り過ぎないように注意する

05.ワールドグレイテスト・ストレッチ|World Graytest Stretch

正しいフォーム・実施方法
  1. 片側の足を抱え込む
  2. 足を前方へ踏み込む
  3. 踏み込んだ側の肘を床に近づける
  4. 手を天井に伸ばして胸を開く
  5. 手を外側につけて前足のつま先を持ち上げる
  6. 重心移動させて元の位置に戻す
  7. 反対側も①〜⑥までの動きを繰り返す
注意点・ポイント解説
  • 動画を確認しながら正しいフォームで実践する
  • 首や肩に力が入り過ぎないように注意する

この記事のまとめ&復習

今回の記事では、野球選手に必要な胸椎のモビリティエクササイズを5種目ご紹介しました。

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
胸椎の動きが悪くなると…投球障害(肩・肘のケガ)や腰の障害(分離症やヘルニア)などを起こしやすくなってしまいます。猫背などの姿勢の歪みが起こると、胸椎の動きが悪くなることに繋がってしまうので普段日常生活から正しい姿勢を意識付けることも大切です。

今回のモビリティエクササイズは基本的に毎日実践してもOKです。日々のコンディション状態(体調)を整えるための一つの手段として取り入れてみて下さいね!

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。