マインドセット

カラダを変えるために最も大切なこと【 マインドセット 】

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
関西|大阪を中心にフリーランスパーソナルトレーナーとして活動している BODY PARTNARS の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto)

 

先日に下記のツイートをしました!

 

コンディショニングを維持していくには、筋力や柔軟性だけじゃなく、呼吸や筋-神経伝達、感覚受容器などの様々な角度から整えていくコトが必要

呼吸に関しては整っていないと
全ての動作パターンが正常化されない

高いレベルで戦っている選手こそ地道な努力を重ねています

 

サッカー界で活躍している本田圭佑選手のトレーニングをしている風景について書いたツイートです。

今回ツイートした内容の動画がコチラ↓是非一度ご覧ください!

 

 

今回は、この本田圭佑選手がトレーニングをしている動画について感じたことについて深掘りして皆さんにお伝えしていきます。

 

カラダを変えるために最も大切なこと

この動画をみて、、、サッカーのトップレベルで戦っている本田圭佑選手のトレーニングしている姿をみて、本当に強い意志で自分自身のカラダと真に向き合っているなと強く感じました。

 

本田圭佑選手も良いコンディションの状態を維持して試合で高いパフォーマンスを発揮するために日々取り組んでいると思います。

 

ツイート内容で書いているように高いパフォーマンスを発揮するためには、筋力や柔軟性だけじゃなく、様々な角度からカラダを強化・整えていくことが必要。

ただ、それ以前にアスリートがカラダを変えるために持つべき考え方として、自分自身のカラダと真剣に向き合うということだと感じています。

 

真剣に向き合うことで「今」の自分自身のカラダに何が必要なのか知ることができます。

 

一流のスポーツ選手は地道な努力を積み重ねている

今回は、サッカーの本田圭佑選手を例としてお伝えしていますが野球界で活躍しているイチロー選手やダルビッシュ選手も同じようにTV・メディアの特集でトレーニングや食への意識に対する動画が挙げられています。

 

その各特集の動画についてはコチラ↓

イチロー選手のトレーニングに関する特集の動画

 

ダルビッシュ選手の栄養管理に関する特集の動画

 

余談ですが…

トレーニングや栄養管理などの方法や手段については、いろんなところで協議されることがあります。

同じ競技であったとしてもポジション、住んでいる地域や生活環境などの違いによって選手一人一人で必要なのエクササイズやコンディショニング方法、ルーチンワークが変わってきます。

トレーニングや栄養管理などの方法や手段については、いろんなところで協議されることがあります。同じ競技であったとしてもポジション、住んでいる地域や生活環境、選手一人一人で必要なのエクササイズやコンディショニング方法、ルーチンワークが変わってきます。

 

そしてイチロー選手はこのようなことも発言しています。

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

 

世界トップレベルで活躍している選手はじめ、各競技の第一線で活躍している選手は、ほんとに地道な努力を毎日(日課)のように実践しています。

 

一流のスポーツ選手だけじゃなく一般の方も同じ

このことは一般の方がダイエットやボディメイク、姿勢改善、ケガを改善するということにおいても同じことが言えます。

 

しっかりと自分と向き合う(付き合う)ことで自分自身の現状の悪習慣の改善やカラダの状態の把握することにつながります。

 

ダイエットにおいて現状の食生活の把握、日常生活の一つ一つの動き、トレーニング時間に対する取り組む姿勢…向き合っている人と向き合えていない人では、大きな差が生まれてきます。

そしてカラダと向き合うことと本気で目標を達成する!必ずケガを治したい!という強い意志と気持ちを持つことも必要なのです。

 

カラダと向き合っていく、少しずつ改善していくこと

目標を達成するために、カラダを変えるために必要なことがわかってくれば、少しずつ改善していくこと。1日1日の小さなコトの積み重ね。

 

できそうなコトから自分に課題を与えて取り組んでいくこと。

何をすればいいの??という人は医療関係者の方やパーソナルトレーナーなどの専門家に聞けばいいと思います。

 

今カラダを変えたいと思っている方は、少しずつ自分自身のカラダと向き合うコトを始めてみてくださいね♪

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。