ダイエット/ボディメイク

女性がトレーニングでお尻の筋肉を鍛えるメリット

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している B-LEAD の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

女性がトレーニングでお尻の筋肉を鍛えるメリット

さわこ
さわこ
こんにちは!最近トレーニングを始めたばかりなんですけど、一つ質問させてもらいたいです!女性がお尻を鍛えるメリットって何ですか? 

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
ヒップアップや美脚を目指す方には必ずトレーニングしてほしい筋肉です!ダイエット、ボディメイクをする際の一つの鍵になるといっても過言でないくらいです。

その他にも、男女問わず、ご高齢の方から子ども、アスリートまで…お尻を鍛えることで膝や腰の痛みの予防、運動のパフォーマンスアップなど、沢山のメリットがあります。 

女性がお尻を鍛えるメリット
  • ヒップアップ、お尻の引き締め
  • 基礎代謝の向上(総消費エネルギー量/日の増加)
  • 動作の質・パフォーマンス向上
  • 膝や腰のケガ・痛みの予防

この中でも女性の方にとっては、ヒップアップ・お尻の引き締めは嬉しいメリットですよね。多くの方が実現したい目標のひとつでもあると思います。

お尻を鍛えることは、このように沢山のメリットがあり、上記4つのメリットは女性に限らず男性にも同じことが言えます。

下半身のトレーニング効果UP!!
お尻の筋肉の機能が向上すると、下半身を鍛えるスクワットやデッドリフト、フォワードランジ、リバースランジなどの代表種目においての動作の質・効率性が確実に向上します!

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
最短の道筋でトレーニングの成果を上げるためには、実践時の動作の質・効率性を高めることは必須です。

何より、お尻の筋肉は日常的に使えていない人も多いので、トレーニングで刺激を与えることが大切ですよ。 

さわこ
さわこ
たくさんのメリットがあって、大切な筋肉なのに普段の日常生活で使えていない人が多いんですね… 

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
私個人の印象としては、初めてトレーニングを指導させて頂くほとんどの方が使えていない印象です。 

さわこ
さわこ
お尻が使えていない人の特徴ってありますか? 

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
運動習慣が全くない人や股関節の動き・お尻の筋肉が硬くなっている人が多い印象です! 

さわこ
さわこ
股関節の硬さは関係しているんですね…

他にも特徴ってありますか? 

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
はい、大臀筋や中臀筋・小臀筋といったお尻の筋肉はすべて股関節の動きに関わる筋肉です。あとは…猫背やX脚など、姿勢の歪みが強い人も使えていない人が多いかなという印象ですねー。 
お尻の筋肉が使えていない人の特徴
  1. 運動習慣が全くない
  2. 股関節の動きが悪い(関節可動域が小さい)
  3. お尻の筋肉が硬くなっている(筋肉の柔軟性低下)
  4. 猫背やX脚などの姿勢の歪みが強い

さわこ
さわこ
お尻を使えるようにするためにはどうすればいいですか? 

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
ほとんどの場合「股関節の動きを高めること」まずはそこからがスタートかなと思います!そして、次にやるべきことがお尻のトレーニングです! 

さわこ
さわこ
(うんうん) 

B-LEAD代表 藤元
B-LEAD代表 藤元
股関節の動きを高めるストレッチとお尻を鍛えるトレーニングもご紹介しているので是非参考にしてみて下さいね! 

さわこ
さわこ
はい!やってみます! 

股関節の動きを高めるストレッチ

股関節の柔軟性を高めるアクティブストレッチ9種【ウォーミングアップ】

»» YouTubeでみる

お尻の筋肉を鍛えるトレーニング

チューブ股関節トレーニング9種目|お尻集中特化プログラム

この動画では、チューブを使用していますが「なし」でも同じように実践可能!負荷をプラスさせたい方は、チューブをつけて実践してみてね!

»» YouTubeでみる

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事