お尻

股関節|臀筋を活性化させるトレーニング9選(動画あり)

B-LEAD代表 藤元 大詩
B-LEAD代表 藤元 大詩
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している B-LEAD の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

 

今回の記事では、股関節の臀筋群を活性化させるためのトレーニングを9種類ご紹介していきます。

活性化とは「沈滞していた機能が活発にはたらくようになること」を意味しています。

 

多くの方が機能低下・OFFになりがちな「臀筋群」を活性化させるために良い種目を実践しています。不活性している筋肉を活性化(アクティベーション)させることを目的として実践してもらえたらと思います。

 

下半身のトレーニング前のウォームアップ、ひざや腰の痛みの予防、スポーツのパフォーマンス向上のために是非取り入れてみて下さいね!

 

股関節・臀筋を活性化させるトレーニング9選(動画あり)

はじめに…

トレーニングをする以前にカラダに痛みや関節・骨の変形が起こっている人、不調を抱えていないか必ず確認するようにして下さい。痛みや不調を抱えている場合には、まず病院で診察を受けるようにしましょう。

 

今回ご紹介する内容は、カラダが「健康」であることを前提としている内容です。そのことを十分に理解した上で実践してみて下さい。

①クラムシェル45・ミニバンド

 

②クラムシェル45・インターナルローテーション-ミニバンド・ミニバンド

 

③クラムシェル90・ミニバンド

 

④グルートブリッジ・ミニバンド

 

⑤ヒップリフト・マーチ-ミニバンド

 

⑤ヒップローテーション・ミニバンド

 

⑥ヒップエクステンション・ミニバンド

 

⑦サイドブリッジ・ヒップアブダクション

 

⑧モンスターウォーク・ミニバンド

 

 

⑨ラテラルウォーク-ミニバンド

 

この記事のまとめ・最後に

みなさんいかがだったでしょうか?今回ご紹介した股関節周辺の臀筋群をアクティベーションさせるエクササイズは、下半身のトレーニングやスポーツの事前準備・ウォームアップにも効果的な種目です。

その上でミニバンドやチューブなどの小道具を使用して実践すると、より刺激が加わりやすくなります。

スポーツ、動きのパフォーマンス向上、ケガ(障害)予防のために取り入れてみて下さいね!

 

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
 当ブログではトレーニングやストレッチ、コンディションを整えるための情報、読者のカラダや健康に有益な知識をどんどん配信しています。またYouTubeでは目的別や筋肉ごとのトレーニングやストレッチ動画を解説付きでまとめて配信しています。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました!!また次回の記事・YouTubeで会いましょうー!(@taishi_fujimoto

 

»» YouTubeチャンネル【カラダを整える部屋】登録者数1,600人突破

»» YouTubeチャンネル【JSPO-AT.S&Cコーチ / FUJIMOTO TAISHI】

 

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。