身体/コンディショニング

運動中の腰の痛みに対する対処方法

大阪でパーソナルトレーナーとして活動している藤元大詩(ふじもん)です!(@taishi_fujimoto)

 

「運動中に腰が痛くなった」そんな経験ありませんか?

 

今の身体をより良い方向へ導くために運動やトレーニングを取り入れているのに痛みが増悪したり、その運動が痛みの原因となってしまっては元も子もない話です。

 

痛みの中でも腰の痛みに悩まされている人は少なくないと思います。

 

今回は運動中に腰が痛くなってしまった時にどうすればいいかについてお伝えしていきます。

運動中の腰の痛みに対する対処方法

腰の痛みにはいくつかの種類があります。

椎間板、椎間関節、仙腸関節、筋筋膜、骨、神経…

このように痛みは様々な部分に発生する可能性があります。

 

そして、

その痛みの原因は、一人一人に違いがあり改善すべき点も違うということです。

 

痛みが運動中に起こった場合は、、

素直に実践している運動やトレーニングを一旦中止すべきです。

 

なぜなら

痛みがある中で運動やトレーニングを続けていても痛みを他の部分でカバーするようにフォームが乱れてしまうため効率よくありません…

 

間違った方法で無理に続けていると

運動によって腰の痛みが増悪するケースも少なくないです。

 

 

「腰痛」によって運動を中止したあとは?

フェットネスクラブやジムを利用している場合を想定してお話しします。

中止した後は、まず近くにいるトレーナーに相談してみてください。

(可能であれば、専門知識をもったパーソナルトレーナーが良いと思います。)

 

先述したように腰の痛みは一人一人原因は違います。

その痛みの種類と痛みがでた原因を知ることが大切です。

 

一番理想的な流れとしては、

整形外科や病院で腰の痛みがどこに発生しているかを

まずは診断してもらい、その後診断結果をお医者さんやトレーナーと相談して

その後の改善していくための方法や手段を選んでいくことです。

 

診断の内容、腰の痛みの種類によっては、安静する期間やリハビリをする期間を要する可能性もあります。

 

腰痛が再発しないために予防すること

腰痛が治り今後も運動を続けていく場合は、腰痛になった「原因」を探り、その痛みの原因となった部分を改善していきましょう。

 

基本的な予防までの流れ

腰痛 → 診断・評価 → 現状把握・原因を探る

→ 改善に向けてエクササイズの実施!

 

痛みの種類や原因についてはコチラ

 

運動中の腰痛に対する対処方法まとめ

運動中、腰痛が起こってしまった時の対処方法を以下にまとめました!

  • まずは運動を一旦中止すること
  • トレーナーに相談してみる or 病院へいく
  • 診断結果によって安静すべきか運動してもOKか
  • 腰の痛みの原因を探る・知ること(評価など)
  • 原因は一人一人違い予防方法も違うこと
  • 必ず身体にあった運動のプランや方法ですすていくこと

 

腰に痛みを抱えている方や腰の痛みを治したい方、予防したいという方は「お問い合わせ」や「LINE@」から気軽にお問い合わせくださいね!!

 

パーソナルトレーニング予約受付中!!

現在、各施設で体験パーソナルトレーニングの予約を受付しております。

パーソナルトレーニングご希望の方や内容について気になる点などございましたら気軽にご連絡・ご質問ください!

ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。