ダイエット/ボディメイク

「痩せてる人」がやらない3つのこと

BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
BODY PARTNARS代表 藤元 大詩
みなさん、こんにちは!大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している BODY PARTNARS の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto

 

「痩せてる人」がやらない3つのこと

今回の記事では「痩せてる人」が"やらない"ことを3つご紹介していきます。捉え方を変えると、今から挙げる3つのことを"やっている人"は「太りやすい」ということです。

「今よりも痩せたい」や「ダイエットしたい」「太りたくない」という人は是非ひとつの参考にしてみて下さい。

痩せてる人がやらない3つのこと
  1. 夜食
  2. 暴飲暴食
  3. 栄養バランスの偏った食事

以上の3つが太らない人が「やらない」ことです。一つひとつ解説していきます。

最初にお伝えしておきますが…今回お伝えする内容が「痩せている人全員」に当てはまる訳ではありません。痩せている理由には、他にも考えられる要因はあります。

その中でも多くの痩せている人が「やらない」ようにしていることをピックアップしてお伝えしています。

①夜食

まず一つ目に深夜遅くに食べる夜食です。痩せている人は夜の食事の時間帯や食べる内容を意識されている方が多いです。

基本的に痩せ体質でいるためには、晩御飯は早めに済ませることが大切です。就寝の3時間前には夕食を終えてちゃんと消化してから寝ることが良いです。

寝る直前に夕食や夜食を食べることは、できる限り避けたほうが良いです。

寝る直前や夜食でたくさんのカロリーを摂取してしまうと、積み重ねで日に日に太っていきます。

夕食から寝るまでの時間が空きすぎて、どうしてもお腹が空く場合には、低カロリーで消化・吸収の良い食べ物を選ぶようにしましょう。プロテインやヨーグルト、ゼリーなどもおすすめです。

 

まとめ&アクションプラン
  • 夜食を摂らないように時間の調整する
  • 夜食を食べるときは「低カロリー」で消化・吸収の良い食べ物を選ぶ

 

②暴飲暴食

2つ目は「暴飲暴食」です。痩せている人は、日頃から暴飲暴食しないように注意されています。

ファーストフードや食べ放題での過剰な暴食、お酒の過剰な摂取など…

毎日のように暴飲暴食をしていると当たり前のように体重もどんどん増えていきます。1〜2日で体重に明らかな変化がみられます。。

胃や腸のことを考えても暴飲暴食は、カラダにとって良いことはありません。

暴飲暴食は体重増加の原因につながるだけじゃなく、体調を乱す原因にもつながっていきます。

 

暴飲暴食は何か特別な理由がない限り、必ずやめるようにしましょう。

 

とはいえ、場面によっては場の雰囲気などでいつも以上に多く食べたり、飲んだりする場面はあるかと思います。数ヶ月…何年かに1回くらいの頻度であれば良いかもしれません。カラダに対しては負担になること間違いありませんが…

付き合いなどでどうしてもという場合は、仕方ない場面もあるかもしれませんが

家での食べるなど、日常的な食事のときには暴飲暴食は必ず避けるようにしましょう。

 

まとめ&アクションプラン
  • 暴飲暴食の頻度が増えると体調の乱れ・体重増加の原因となる
  • 暴飲暴食はカラダにとってメリットはほとんどない(カラダに負担がかかる)
  • 特別な理由がない限り、暴飲暴食はやめる

 

③栄養バランスの偏った食事

3つ目は「栄養バランスの偏った食事」です。タンパク質、炭水化物、脂質…どの栄養素であってもバランスの乱れた栄養の過剰摂取は体重増加の原因となります。

特に炭水化物と脂質の過剰な摂取には注意が必要です。肥満体型の人の多くは、この2つの栄養素を過剰に摂取することが習慣化されている傾向にあります。

基本の朝・昼・夕の3食で栄養バランスを考え抜いた食事内容を意識することがとても大切です。

 

「脂の多い食べ物ばっかり」や「炭水化物だけ」のような栄養バランスの偏った食事は、肥満の原因につながります。綺麗にボディメイクして痩せるためには、食事全体の量を調整するだけじゃなく、栄養バランスにも目を向けないといけません。

栄養に対しての知識も少し必要になりますが、体重の増加防止や体調管理の面でも栄養バランスを考えながら、バランスの摂れた食事内容・食習慣を身に付けられるようにしていきましょう。

 

まとめ&アクションプラン
  • 栄養バランスの偏りは肥満の原因につながる(体調不良の原因にも…)
  • 朝、昼、夕の3食を基本とした食事の栄養バランスを考えて摂取する

 

この記事のまとめ&最後に

今回の記事では「痩せている人」がやらない3つのことについてお伝えさせて頂きました。

今回お伝えした内容以外にも…痩せている人は「ダラダラする時間が少ない」や「1日の活動量が多い」なども挙げられます。

反対に"やっている"ことであれば「習慣的な運動」や「毎日の食事内容・量の調整」があると思います。痩せている人のほとんどの人は、少なくとも運動か食事の2つのどちらかは意識していると思います。

 

ダイエットもボディメイクも無理ない範囲の中で毎日継続できるような環境を作って習慣化させることが大切です。自分のカラダの状態や身の回りの環境にあった方法で頑張ってみて下さいね。

 

みなさん、いかがだったでしょうか?当ブログでは、トレーニングやストレッチ、カラダに関する情報を一般の方にもわかりやすく、専門家・トレーナーの知識も交えながらお伝えしています。

私が運営するYouTubeチャンネルもありますので、そちらも是非覗いてみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではまた次回の記事・動画でお会いしましょう!!

 

トレーニング指導のご依頼|お問い合わせ

指導・講演会のご依頼、相談

講習会・セミナー実績講習会・セミナー実績 指導・講演会のご依頼、相...

 

姿勢の悩み|関連記事

【姿勢の悩み】オープンシザースシンドロームの原因・改善方法 姿勢の歪みの一つ「オープンシザースシンドローム」って知っていますか?初めて聞くという人も多いと思います。 オープン...
【姿勢の悩み】アッパークロスシンドローム(上位交差症候群)の原因と改善方法 日本人に多い姿勢の一つでもあるアッパークロスシンドローム(上位交差症候群)。この姿勢になってしまうと「肩こり」や「首の痛...

 

目的別ウォーミングアップ

スクワット前にやるべきウォーミングアップ全8種目 スクワット|腰・ひざを痛めてしまう主な原因 スクワットは、下半身を強化するウエイトトレーニングの中でも代表的な種目...
【5分】ベンチプレス前に実践するべきウォーミングアップ5種目【肩の痛み予防】 ベンチプレス|肩や首を痛める主な原因 ベンチプレスは、上半身を強化するウエイトトレーニングの中でも代表的な種目のひ...
スポーツ選手向け|ウォーミングアップ10種目 今回のYouTube動画では、スポーツ選手に向けて練習や試合前、トレーニング前に是非やってもらいたいウォーミングアップル...
筋トレの種目に合わせたウォーミングアップ11種目を専門家がご紹介! みなさんは、筋トレ前にウォーミングアップは実践されていますか?また、その実践されている方は、カラダの状態や目的に合わせて...

 

柔軟性・機能チェック|関連記事

柔軟性・機能チェック|前屈動作3つのチェックポイント 今回の記事では、骨盤の前傾や股関節、脊柱の曲げる動き、背面筋群・下肢後面筋群の硬さなどをチェックする際に行われる「前屈」...
柔軟性・機能チェック|肩の柔軟性をチェックする方法 今回の記事では、肩甲帯という肩甲胸郭関節や肩甲上腕関節、胸郭の柔軟性をチェックする方法をお伝えしたいと思います。 ...
柔軟性・機能評価|足関節の柔軟性を簡単にチェックする2つの方法 今回の記事では足首の曲げる動き(以下、足関節の背屈動作)の硬さをチェックする方法について解説したいと思います。 足...
柔軟性・機能評価|体幹・胸椎の伸展の可動性をチェックする方法 体幹・胸椎の伸展動作(反る動き)は、スポーツやトレーニング動作の中でも大切な動きの一つですよね。 近年では、スマホ...
柔軟性・機能評価|胸椎の捻り・回旋の柔軟性を簡単にチェックする方法 体幹の回旋(ローテーション)動作は、日常生活でもスポーツ場面においても大切な動きの一つです。そして体幹の捻る動きでは、「...

 

セルフケア・コンディショニング|関連記事

保存版|セルフリリースエクササイズ9種類|Self Release Exercise|正しい使用方法 一般的に筋膜リリースと言われる方法です。Self-Myofascial Release(SMR:自身での筋膜リリース)で...
保存版| スティックver. セルフリリースエクササイズ8種類|Self Release Hand-Held Foam Roller|正しい使用方法 一般的に筋膜リリースと言われる方法です。Self-Myofascial Release(SMR:自身での筋膜リリース)で...

 

トレーニングの基礎知識|関連記事

柔軟性・機能チェック|前屈動作3つのチェックポイント 今回の記事では、骨盤の前傾や股関節、脊柱の曲げる動き、背面筋群・下肢後面筋群の硬さなどをチェックする際に行われる「前屈」...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい5つの関節 先日の記事では、運動する人に知ってもらいたい筋肉について解説していきました。前編・後編と合わせて14つの筋を紹介している...
トレーニングの基礎知識|筋肥大させるために必要な負荷設定と栄養|アクションプラン 「筋肥大」は、スポーツ選手のパフォーマンス向上にとっても、一般の人のボディメイクにとっても大切な要素の一つだと思います。...
トレーニングのマンネリ化を打開する5つの方法 トレーニングを実践していてこのような状況になったことはないでしょうか? 「トレーニング効果が感じにくくなってきたな...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい14の筋肉(前編) トレーニングを効率よく実践するために大切な原理・原則の一つに「意識性の原則」という原則があります。意識性の原則とは、簡単...
トレーニングの基礎知識|運動する人が知っておきたい14の筋肉(後編) 今回は、前回の記事でお伝えした運動やトレーニングを実践する人が知ってほしい筋(前編)のPart2!後編をお伝えさせていた...
トレーニングの基礎知識|トレーニング前後の栄養補給の大切さ|ベストなタイミングと摂取内容・量 食事やサプリメントから摂取する栄養は、トレーニングと同じくらい大切です。食事内容によって身体の調子や見た目を大きく左右し...
トレーニングの基礎知識|目的に合わせたストレッチ|6種類 スポーツやトレーニング、運動前、お風呂上がり、起床時、就寝前など様々な場面において実践されているストレッチ。 ゆっ...
トレーニングの基礎知識|ウエイトトレーニングのセット法|10種類 ウエイトトレーニングには、数種類の「セット法」があることを知っていましたか? このセット法を用途によって使い分ける...
トレーニングの基礎知識|トレーニングとストレッチの最適な実施頻度 トレーナーとして活動していると、よくこのような質問を受けることがあります。 「トレーニングはどのくらいやれ...
初心者向け|30分間のトレーニングでも効果はあるか? 30分間のトレーニングでも効果はあるか? 結論、目的に合った正しい方法で実践すれば、30分間のトレーニングでも十分...
ABOUT ME
藤元大詩/Taishi Fujimoto
藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。
関連記事